Aevo、アップカミングエアドロップ前に独自トークンのプレマーケット取引を提供

By The Block – 2024/03/08 21:10:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Aevoが資金調達で1億6600万ドルを調達、コミュニティエアドロップのために3%のトークン配布を計

新しい記事では、Aevoの今後のトークンに向けたプレマーケット取引と、トークンのエアドロップ日に言及しています。また、限定されていると批判されているトークンの分配戦略についても議論しています。記事はさらに、Aevoの将来の計画を概説し、Layer 2ネットワークの拡大や収益提供の開発を含めています。一方、類似した記事では、Aevoの資金調達ラウンドについて議論し、コミュニティエアドロップの計画を含むトークンの分配の詳細な内訳を提供しています。また、RBN保有者がトークンをAEVOに変換する機会についても言及しています。両方の記事はAevoのトークンとその分配について議論していますが、新しい記事はプレマーケット取引やトークンのエアドロップ日に関する新しい情報を提供しており、類似した記事には言及されていません。したがって、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実が含まれています。

プレマーケット取引を通じて、トレーダーはトークンの将来価格を予想し、エアドロップ受取人が価格を確保できるようにしています。一部の懐疑論にもかかわらず、Aevoの共同創業者は内部統制を強調し、従業員がトークンのプレローンチ市場で取引することを禁止しています。トークンの分配は制限されており、コミュニティに割り当てられる割合が5%未満であることに対する批判があり、AevoのDiscordコミュニティ内でトークンの価値や分配戦略について議論が巻き起こっています。

今後、AevoはLayer 2ネットワークを拡張し、今年第1四半期には他のアプリケーションを収容し、イールドオファリングを開発する予定です。Ribbon Financeの一部であったAevoは、RibbonトークンをAevoトークンに1:1で交換することを可能にします。Aevoの進化は、Layer 2アプリチェーンを通じて分散型オプションのスケーリングに焦点を当て、将来のロードマップで永続的な先物取引とイールド戦略を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: