控訴裁判所がBinanceに対する有望な集団訴訟を復活

By CoinDesk – 2024/03/09 06:30:13 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国での仮想通貨損失に関するBinanceの再審投資家訴訟

新しい記事と類似した記事の両方が、Binance、その元CEO、および他の幹部に対する集団訴訟の復活について取り上げています。両方の記事は、暗号投資家のグループが、さまざまなトークンを含む証券をBinanceから購入したと主張し、訴訟を起こしたことを述べています。両方の記事はまた、原告がこれらの資産を巡る取引が米国内のサーバーで確定され、彼らが米国からBinanceにアクセスしていたと主張したことを合理的に主張していると裁判所が判断したことを述べています。類似した記事は、関連するトークンや購入のタイムラインに関する追加情報を提供していますが、この情報は新しい事実ではなく、新しい分析も含まれていないため、新しい記事には新しい事実や分析が含まれていないことになります。

控訴裁判所がBinance、元CEOのChangpeng Zhao、および他の幹部に対する集団訴訟を復活させ、下級裁判所が事件を却下した判決を覆しました。2020年4月に一群の暗号通貨投資家によって提起された訴訟は、彼らがEOS、TRX、OMGなどのさまざまなトークンを含む証券をBinanceから購入したと主張しています。裁判所は、これらの資産に関わる取引が米国内のサーバーで完了し、彼らが米国からBinanceにアクセスしていたという原告の主張が合理的であると判断しました。

この判決は、デジタル資産の二次市場取引が米国連邦証券法の対象となるタイミングについての疑問を明確にしました。問題のトークンが証券であるかどうかは決定されず、地方裁判所でのさらなる議論の余地が残されています。原告の弁護士は、裁判所の決定に満足しており、彼らの主張の強さとBinanceおよびChangpeng Zhaoに対する集団訴訟を進める準備が整っていることを強調しました。Binanceは米国最高裁に控訴する選択肢がありますが、それが行われない場合、事件は地方裁判所に戻り、さらなる手続きが行われることになります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: