アンドリュー・カン氏、Harambe NFTの75%をDAOに500万ドルで売却、トークン化へ

By The Block – 2024/03/11 20:10:06 (JST)

Mechanism Capitalの共同創設者であるAndrew Kang氏は、Harambe NFTの75%を新たに設立されたDAOに500万ドルで売却し、トークン化しました。このNFTは、シンシナティ動物園のゴリラであるHarambeの写真を表し、その悲劇的な死後にミームとして有名になりました。Kang氏のNFTを分割する計画は2年以上にわたって進行中であり、残りのトークンはTRUMP、PEPE、MOG、TOSHIなどのミームトークンに配布され、分散型取引所での流動性に活用されます。この取り組みは、元のNFTを金庫にロックし、NFTの等しい割合を表すトークンを発行することを含んでいます。新たに設立されたHarambe DAOは、これらのトークンをガバナンス目的に利用し、既にダイアン・フォッシー・ゴリラ基金に25,000ドルを寄付しています。写真家であるJeff McCurry氏は、象徴的なHarambeの写真を撮影した人物であり、この分割化の取り組みを通じてHarambeの記憶を保存する重要性を強調し、このプロジェクトを支援しています。分割化を元に戻すプロセスは、通常、トークン保有者の過半数が賃金と引き換えにNFTに戻すために投票する必要があります。Harambe NFTの大部分の売却は、象徴的な画像をトークン化し、ミームコミュニティを分散型ファイナンス活動に参加させる旅において重要な一歩となります。Kang氏が分割化されたトークンの25%の所有権を保持する中、このプロジェクトはHarambeミームの人気を活用して、分散型エコシステムでの流動性と参加を促進することを目指しています。Kang氏、McCurry氏、そして新たに設立されたDAOの協力は、NFTの分割化とガバナンスに対する革新的なアプローチを示し、デジタル資産所有権とコミュニティ参加の進化する風景を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: