TetherのUSDTがCeloプラットフォームで利用可能に

By CoinDesk – 2024/03/11 22:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
TetherがCeloブロックチェーン上でUSDTを開始

新しい記事と類似した記事の両方が、TetherのUSDTをCeloプラットフォームに統合することについて取り上げています。両方の記事は、この動きの目的が分散型アプリ(dApps)内での取引効率を向上させることと、USDTをガス通貨として提案することを強調しています。類似した記事では、この提案がcLabsの中心的な貢献者によって提出されたことが言及されていますが、新しい記事にはその記載がありません。ただし、これは新しい事実ではなく、提案プロセスに関する詳細です。新しい記事では、Tetherが既にAvalanche、Polygon、Nearなどの他のレイヤー1ネットワークで運用されていることも言及されていますが、類似した記事にはその記載がありません。ただし、これはCeloでのUSDT統合の主要ニュースに関連する新しい事実ではなく、Tetherの運用に関する追加情報です。したがって、両方の記事での主要な事実は同じです。

TetherのUSDT、最大のステーブルコインが、Ethereum上のレイヤー2に移行するモバイル中心のレイヤー1プラットフォームであるCeloで利用可能になりました。Celoは、新興市場を中心に、世界中でさまざまなステーブルアセットを提供するモバイルファーストのサービスを重視しています。Celo上でのUSDTの追加により、送金、貯蓄、貸付、国際送金などのステーブルアセットの有用性が拡大します。

Celo上でのUSDTの統合は、コミュニティ中心のフォーラムを通じて、dApps内でのトランザクション効率を向上させることを目指しています。TetherのCEOであるPaolo Ardoinoは、Celo上でのこの動きが、実世界のアプリケーション向けに設計されたものであり、Tetherの利用可能性と使いやすさを数百万人のユーザーに向けて向上させる使命の進展を示していると強調しました。Tetherは、Avalanche、Polygon、Nearなどの他のレイヤー1ネットワークでも既に稼働しています。

ステーブルコイン発行会社であるCircleは、今年初めにCeloネットワーク上でUSDCを導入し、プラットフォーム上でのステーブルアセットの利用可能性をさらに拡大しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: