ビットコインETF競争激化、競合がGrayscaleファンドを資産規模で上回る

By Blockworks – 2024/03/11 22:13:29 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
FidelityのFBTCスポットビットコインETFが記録的な流入を記録、GrayscaleのGBT
米国市場でのスポットビットコインETFがGBTCの保有を超える見込み

新しい記事と類似した記事は、ビットコインETFの上昇とそれらが経験している大幅な流入について議論しています。また、Grayscale Bitcoin Trust ETF(GBTC)からの流出と、新しいビットコインETFの総資産がGBTCを上回ったことも強調しています。両方の類似記事は、これらのETFの流入と流出に関連する具体的な数字、および運用資産について言及しています。しかし、新しい記事では、ビットコインの価格が初めて7万ドルを超え、暗号通貨投資商品の総運用資産が記録の94.4億ドルに達したというような最新の数字が提供されています。これらは類似した記事には言及されていなかった新しい事実です。したがって、全体的なテーマや内容は類似していますが、新しい記事は更新された新しい情報を提供することで、類似した記事とは異なるものとなっています。

ビットコインの価格が急上昇する中、先週、米国のビットコインETFは大きな流入を記録し、前月に設定された記録にほぼ匹敵しました。Grayscale Bitcoin Trust ETF(GBTC)は毎日の流出を経験しましたが、その9つの競合ETFが合計でGBTCを上回る資産を保有しています。米国のビットコインETFカテゴリー全体で、先週22.4億ドルの資金が集まり、2月12日から2月16日までの227億ドルの流入にほぼ匹敵しました。ビットコインETFへの週間純流入額は96億ドルに達し、ビットコインの価格が初めて7万ドルを超えるなど、新たな高値を記録しました。GBTCは約105億ドルの純流出を記録し、資産運用額で競合他社に追い抜かれました。特に、BlackRockのiShares Bitcoin TrustとFidelity Wise Origin Bitcoin Fundは、資産規模で上位3つのビットコインETFの中に位置し、暗号資産への機関投資家の関心の高まりを反映しています。ビットコインETFの登場により、市場が革新され、機関投資家が暗号通貨への規制されたアクセスを提供されています。この動きにより、主要金融機関が参入し、金融業界におけるデジタル資産の受容と重要性が高まっています。ETFからのポジティブな勢いがビットコインの価格急騰に寄与し、暗号資産投資商品の総資産運用額が94.4億ドルという記録に達し、ビットコインETFや他の暗号商品への強力な流入によって推進されました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: