米大統領が新予算案で暗号通貨マイニング課税と規制を提案

By CoinDesk – 2024/03/12 01:10:06 (JST)

米大統領ジョー・バイデンは、来年度予算案に洗浄取引規則、暗号通貨マイニング課税などの提案を盛り込んだ。政府はこれらの措置が2025年には約100億ドル、次の10年間で420億ドル以上を生むと見積もっている。提案された規制は、富裕層に利益をもたらす税制上の抜け穴を埋めることを目的としている。

予算案には、デジタル資産に洗浄売買規則を適用し、金融機関やデジタル資産ブローカーに情報報告要件を課す計画、そしてマイニング活動に対する特別税の導入も含まれている。政府は、デジタル資産取引を洗浄売買規則に組み込むだけで2025年に10億ドル以上、マーク・トゥ・マーケット規則に暗号通貨を含めることで80億ドル以上を生むと予測している。マイニングに対する特別税は、次の10年間で国家赤字を70億ドル減らすと期待されている。

この予算案は、バイデン政権がマイニング特別税を導入し、洗浄売買取引の抜け穴を埋めるための再度の取り組みを示すものである。昨年の予算案にも類似の規定が含まれていたが、議会で採択されなかった。この予算案の発表は、バイデンが最近行った連邦議会演説に続くものであり、デジタル資産については触れられていない。この動きは、バイデンと前大統領ドナルド・トランプが2024年の大統領選挙で各党の指名を確保した直後の出来事である。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: