米議会でのステーブルコイン規制の進展と課題

By The Block – 2024/03/12 01:30:06 (JST)

米議会でのステーブルコイン規制に関する進展と課題について、TD Cowenのワシントンリサーチグループは楽観的な見通しを示しました。民主党が他の問題を優先する可能性にもかかわらず、進展の見込みがあります。ハウス金融サービス委員会のパトリック・マクヘンリー議長とマックスィン・ウォーターズ議員は、マクヘンリー氏が引退を控えている中、規制を進める意欲を示し、その任期のハイライトとしてステーブルコイン規制を目指して密接に協力しています。マクヘンリー議員が主導する法案は、2023年7月にハウス金融サービス委員会を通過しましたが、ホワイトハウスの反対により障害に直面しました。しかし、最近の動きから合意が近いことが示唆され、ウォーターズ議員とマクヘンリー氏が合意に近づいていると報じられており、ステーブルコイン規制に向けた前向きな動きが示されています。

一方、上院では、クリステン・ギリブランド上院議員とシンシア・ラムス上院議員も、規制の明確化と消費者保護を提供するステーブルコイン法案に協力しています。彼らの取り組みは、様々な利害関係者から肯定的なフィードバックを得ており、ステーブルコインの包括的な規制枠組みに向けた進展が示されています。これらの進展にもかかわらず、上院銀行委員会のシェロッド・ブラウン委員長が暗号通貨やステーブルコイン法案に興味を示さないことが潜在的な障害となっています。ブラウン氏は将来の暗号通貨関連法案に影響力を持ち、今年後半に再選を控えており、法案の見通しに懸念が寄せられています。TD Cowenは、ブラウン氏の暗号通貨に対する立場が法案の進路に影

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: