ビットコインアナリスト、マイニング株の下落にも関わらず$150K目標に自信

By CoinDesk – 2024/03/12 01:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoinマイナーはビットコインが$150,000を目指す中、最高の株式プロキシとして、バーンス
ビットコイン取引量が急増、マイナーはハーフィングに備え投資を拡大

新しい記事と類似した記事はすべて、バーンスタインのアナリストが2025年半ばまでにビットコインが15万ドルに達するという自信、ビットコイン株への機関投資の増加、およびRiot PlatformsやCleanSparkのようなビットコインマイナーにとっての潜在的な利点について述べています。両方の記事はまた、今後のハーフィングイベントとそのビットコイン価格やマイニング業界への潜在的な影響について触れています。ただし、新しい記事は72,000ドルを超える現在のビットコイン取引価格を提供しており、類似した記事にはその記載がありません。さらに、新しい記事はCoinDesk 20指数が4%上昇したことを言及し、暗号通貨に対する市場のポジティブなセンチメントを示していますが、類似した記事にはこれがカバーされていません。したがって、全体的なテーマは似ていますが、新しい記事は類似した記事にはない追加の最新情報を提供しています。

バーンスタインのアナリストは、最近の歴代最高値を記録したビットコインに自信を持ち、2025年半ばまでに150,000ドルに達すると予想しています。次回のハーフィングイベント後にブレイクアウトすると見込まれ、ビットコイン鉱業株の購入を推奨し、今後の上昇相場から利益を得ることを提案しています。株価が下落しているにもかかわらず、機関投資家のビットコイン株への関心が高まると見込まれ、鉱業業者が主な恩恵を受けると予想されています。

クリーンスパーク、マラソンデジタル、ライオットプラットフォームなどのビットコイン鉱業業者は、早い取引で下落し、投資家が鉱業株よりもビットコインを好む傾向を反映しています。ビットコイン価格と取引手数料の上昇がハーフィングを通じて鉱業業者を支え、ライオットプラットフォームやクリーンスパークなどの企業に大幅な粗利益を予測しています。しかし、ハーフィングイベントに伴うリスクを理由に、投資家は鉱業株よりもスポットETFを選好して慎重な姿勢を示しています。

ビットコインが現在72,000ドルを超えて上昇を続ける中、アナリストはビットコイン株への機関投資家の関心がさらに高まる可能性を強調しています。CoinDesk 20指数も4%上昇し、仮想通貨に対する市場のポジティブなセンチメントを示しています。鉱業株が直面する課題にもかかわらず、アナリストはビットコイン鉱業業者の長期的な展望が有望であり、投資家には大きな利益を実現するために忍耐が必要だと考えています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: