米財務省がコードを近代化するための新しい暗号通貨税制ルールを提案

By Blockworks – 2024/03/12 03:00:39 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米大統領が新予算案で暗号通貨マイニング課税と規制を提案

新しい記事と類似した記事の両方が、電子資産に関する新しい税制ルールについての米国財務省の提案について取り上げています。これには、マイナーの電力コストに対する消費税やデジタル資産に対するウォッシュトレード規則の適用が含まれます。両方の記事は、これらの提案が2025年の財務省の収益提案の一環であり、「グリーンブック」として知られていることも述べています。類似した記事では、これらの提案からの潜在的な収益に関する追加情報を提供し、2025年には約100億ドル、次の10年間で420億ドル以上の収益が生み出される可能性があると推定しています。ただし、この具体的な情報は新しい記事には記載されていません。それにもかかわらず、新しい記事と類似した記事の全体的な内容と事実は同じです。

米財務省が、バイデン大統領の方針に沿って、デジタル資産に関する新しい税制ルールを提案しました。これには、マイナーの電力コストに対する特別消費税を含み、環境問題に対処することを目的としています。マイナーは電力使用量とコストを報告し、これらの費用に30%の税金が課されることになります。また、財務省は、洗浄取引ルールをデジタル資産に適用し、税金回避を防ぐための抜け道を閉じることを目指しています。

これらの税制提案は、バイデン政権の以前の提案と同様に、財務省の2025年の収入提案「グリーンブック」の一部です。マイニングの電力コストに対する特別消費税は、暗号通貨の生産がエネルギー集約型であることへの対応です。税金を課し、規制を強化することで、政府は税法を近代化し、デジタル資産について従来の金融商品と同様に公正な取り扱いを確保することを目指しています。

財務省がデジタル資産に対する税制ルールを厳格化しようとする動きは、暗号通貨業界を規制し、税金逃れを防ぐ広範な取り組みの一環を反映しています。洗浄取引などの慣行を取り締まり、マイナーに税金を課すことで、政府は暗号市場に透明性と説明責任をもたらすことを目指しています。これらの提案が採用されれば、米国におけるデジタル資産の課税と規制が大きく影響を受ける可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: