VanEck、競合よりも資産が少ないため、ビットコインETF手数料をゼロに一時的に引き下げ

By CoinDesk – 2024/03/12 03:20:05 (JST)

VanEckは、HODLの資産が競合他社よりも大幅に少ないため、2025年3月31日までまたはファンドの資産が15億ドルに達するまで、ビットコインETFであるHODLの運用手数料を免除することを決定しました。これは、HODLが現在約3億5,000万ドルを管理しており、競合他社よりも資産が少ないことから行われたものです。

HODLの以前の手数料は0.2%であり、これは類似のファンドの中でも最も低い手数料の1つでした。一方、BlackRock、Fidelity、Invesco、WisdomTree、Valkyrieなどの主要プレーヤーは0.25%を請求しており、Franklin Templetonはわずかに低い0.19%の手数料を請求しています。VanEckの手数料引き下げは、競合他社に比べてファンドのスタートが遅かったことが要因の一つとされています。

VanEckが手数料をゼロに引き下げる決定は、より多くの投資家を引き付け、ファンドの資産運用額を増やすための戦略的な動きと見なされています。ビットコインETF市場での激しい競争の中で、手数料はこれらの投資商品の人気と成功を決定する上で重要な役割を果たしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: