英国のFCA、機関投資家による暗号資産担保ETN取引を許可、小売投資家は制限

By CoinDesk – 2024/03/12 07:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ロンドン証券取引所、第2四半期にビットコインとイーサETNの申請を受け付け開始
ロンドン証券取引所、物理的に裏付けられた暗号通貨ETN提案を検討

新しい記事と類似した記事は、英国のFCAが認定投資取引所に、専門投資家向けの暗号資産担保ETNの市場セグメントを作成することを許可することについて取り上げています。また、ロンドン証券取引所が今年の第2四半期にビットコインとイーサリアムのETNの申請を受け付ける計画であることも述べています。しかし、新しい記事は、類似した記事には記載されていなかったビットコインとイーサリアムの現在の価格に関する追加情報を提供しています。また、FCAが小売投資家に対する姿勢を強調し、これらの商品の取引は依然として高いリスクのため禁止されていることを述べています。この情報は類似した記事には含まれていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事にはない追加の事実や詳細を提供しています。

英国のFCAは、認定投資取引所にプロ向けの暗号資産担保ETN市場セグメントを作成することを許可しています。取引所は取引の秩序と投資家保護のために適切なコントロールを確保する必要があります。ロンドン証券取引所は、ビットコインとイーサリアムのETNの申請を今年の第2四半期に受け付ける予定です。これらの仮想通貨が新記録を達成したためです。

ビットコインが71,000ドルを超え、イーサリアムが4,000ドルを超えた一方で、小売投資家はこれらの商品の取引をまだ禁止されています。FCAは、高いリスクを理由に、小売消費者向けには暗号資産担保ETNやデリバティブは適していないと続けています。規制当局は仮想通貨の変動性を強調し、投資家に潜在的な損失に備えるよう警告しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: