ザック・プリンス、ブロックファイを離れ、不動産テックスタートアップRe Cost Segに参加

By CoinDesk – 2024/03/12 08:20:06 (JST)

ブロックファイの創設者兼元CEOであるZac Princeは、不動産テックスタートアップRe Cost Segに参加し、仮想通貨業界から離れることを決定しました。このスタートアップは、不動産投資家向けの費用分離研究を提供し、物件の減価償却を加速させ税金を節約することを可能にし、小規模な家主にもこれらのサービスへのアクセスを民主化することを目指しています。Princeは、新しい事業が個人が税金を節約するのに役立つ可能性を示しました。ブロックファイが提供する税金効率の良い仮想通貨ソリューションと同様に。ブロックファイでの経験を振り返りながら、Princeは、顧客サービスの重要性と仮想通貨業界の迅速な開発サイクルを伝統的な不動産業界にもたらすことを目指しています。彼は、ブロックファイの成功から得た教訓とビジネス目標の達成におけるチームビルディングの重要性を強調しました。ブロックファイを離れるにも関わらず、Princeは、元のクライアントが完全に償還されるまで、自身の仮想通貨資産をプラットフォームに残すと述べました。破産手続きに従って。Princeは、FTXとその関連会社が借りた資金を返済しなかったことが原因でブロックファイが破産したと説明し、この状況はブロックファイの利益に解決されたと述べました。彼は、特にFTXとの関係に関して、後に改善すべき点があることを認めました。破産手続き中に直面した課題にもかかわらず、ブロックファイのクライアントは最終的に完全な償還を受け、2023年1月の仮想通貨の低迷期において、破産請求が大幅なプレミアムで取引されていた。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: