米国財務省、2025年のデジタル資産に関する財政収入計画を発表

By PANews – 2024/03/12 09:15:09 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米財務省がコードを近代化するための新しい暗号通貨税制ルールを提案

この記事と類似した記事の両方が、米国財務省の2025年財政収入計画である「グリーンブック」とデジタル資産への影響について論じています。両方の記事は、洗浄取引の禁止、マイナーの電力コストに対する消費税の課徴、電力費用の開示義務について触れています。両記事はまた、バイデン政権の環境懸念とマイニングに対する提案された消費税を強調しています。類似した記事には、この記事で既に取り上げられている追加の事実や数字は提供されていません。したがって、この記事の内容には、類似した記事に既に含まれている新しい事実や分析が含まれていないようです。

米国財務省の2025年財政収入計画「グリーンブック」は、デジタル資産に関する税制規定を導入します。これには、ウォッシュトレーディングの禁止、マイナーの電力コストに消費税を課すこと、リースされた機器の電力費用の開示が含まれます。オフグリッド電力を使用する企業は、見積もり費用の30%を支払わなければなりません。この計画は、バイデン政権が環境上の懸念を理由に採択を提案したマイニングに対する消費税についても再確認し、株式や証券と同様にデジタル資産に対する損失認識を確実にするために仮想通貨に対するウォッシュセール規則の執行を目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: