MetaMask、MastercardとBaanxとの協力でブロックチェーン駆動の決済カードをテスト

By CoinDesk – 2024/03/12 12:20:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
MetaMaskとMastercardがブロックチェーン決済カードで協力

この記事と類似した記事を比較すると、MetaMask、Mastercard、およびBaanxの協力によるブロックチェーンベースの決済カードのテストについて、両方の記事が同じ中心テーマを取り上げていることが明らかです。両方の記事は、この協力の目的であるユーザーが暮らしの中で仮想通貨を使用するための分散型決済ソリューションを提供することを強調しています。類似した記事には、この記事で既に取り上げられている追加の数字や新しい事実は提供されていません。したがって、この記事と類似した記事の内容は基本的に同じです。

MetaMaskはMastercardとBaanxとの協力でブロックチェーン駆動の決済カードをテストし、ユーザーが暗号通貨を日常の購入に利用できる分散型決済ソリューションを提供することを目指しています。このパートナーシップは、MetaMaskの大規模なユーザーベースとMastercardの広範なクレジットカードおよびデビットカードネットワークを組み合わせ、支払い業界を革新する可能性があります。

MastercardとVisaは、ブロックチェーン開発者やセルフカストディウォレットプロバイダーと積極的に連携しており、Mastercardは以前はLedgerと協力し、現在はMetaMaskと協力しています。一方、Visaは、USDCなどのステーブルコインやSolanaなどのブロックチェーンソリューションを活用して、支払いプロセスを向上させ、Ethereumのガス手数料を削減するためのクロスボーダー支払いを模索しています。

新しい決済カードは、Mastercardのデジタル資産領域での革新への取り組みを反映し、初の分散型web3決済ソリューションと位置付けられています。MetaMaskの開発元であるConsensysはコメントを提供していませんが、Mastercardは、Multi-Token Networkや従来の金融システムと新興のweb3エコシステムとを結ぶ新しいカードプログラムなど、革新的な製品を導入することに力を入れています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: