Tether、Pear Runtimeプラットフォームでクラウドコンピューティングの独占を破壊を目指す

By PANews – 2024/03/12 12:21:13 (JST)

TetherのCEO、Paolo Ardoinoは、オープンソースのプラットフォームであるPear Runtimeを立ち上げることで、クラウドコンピューティングにおけるAmazon、Microsoft、Googleの支配に挑戦することを目指しています。このプラットフォームは、開発者がピア・ツー・ピアのアプリケーションを作成できるようにし、Tether Operations LimitedとHypercoreのサポートを受けています。P2Pネットワークと暗号化を活用したメッセージングアプリであるKeet Mobileが、Pear Runtime上の最初の主要なアプリケーションとして登場し、将来的には音声/ビデオ通話機能やファイル共有機能を拡張する予定です。Ardoinoは、主要なクラウドサービスプロバイダーの中央集権化を減らすために、広範囲な開発を促進することを望んでいます。

Pear Runtimeプラットフォームは、ArdoinoとTetherが主導し、AWS、Google Cloud、Microsoft Azureなどのテックジャイアントが提供するサービスに対する分散型の代替手段を提供することで、クラウドコンピューティング市場を変革しようとしています。P2P技術とエンドツーエンドの暗号化を活用することで、このプラットフォームは、開発者が革新的なアプリケーションを作成するための安全でプライベートな環境を提供することを目指しています。Tether Operations Limitedの支援とHypercoreの専門知識を活用することで、Pear Runtimeは、既存のクラウドサービスの中央集権的な制御から脱却したい開発者を惹きつける位置にあります。

ArdoinoのPear Runtimeに対するビジョンは、現在のクラウドコンピューティングインフラの中央集権的な性質に挑戦する新たな開発の波を促進することです。オープンソースのプラットフォーム上でP2Pアプリケーションを構築することで、Tetherはクラウドコンピューティング分野での革新と競争を促進することを目指しています。メッセージング機能を備えたKeet MobileをPear Runtime上の最初のアプリケーションとして導入し、将来的な拡張機能の計画を立てることで、Ardoinoは、分散型技術がAmazon、Microsoft、Googleなどの業界の巨人たちの支配に対抗できる未来を想像しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: