VanEckのHODL BTC ETF、手数料を0%に引き下げて記録的な流入を記録

By CoinDesk – 2024/03/13 00:40:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国のビットコインスポットETFが大幅な資金流入を経験
VanEck、競合よりも資産が少ないため、ビットコインETF手数料をゼロに一時的に引き下げ

新しい記事と類似した記事は、VanEckのHODL BTC ETFが大幅な流入を経験しているという共通のテーマを共有しています。ただし、新しい記事は、類似した記事にはない更新された詳細な情報を提供しています。たとえば、新しい記事では、流入額が1日で1億1900万ドルに達し、1,600ビットコイン以上が追加され、ETFが6,000 BTC(4億4000万ドル)を管理し、米国で6番目に大きなETFとなったことが述べられています。また、先週、デジタル資産ファンド市場が史上最高の27億ドルの流入を記録した新しいデータも提供されています。一方、類似した記事は手数料の削減と流入について議論していますが、これらの具体的な詳細や最新の数字を提供していません。したがって、新しい記事には新しい事実が含まれており、類似した記事の複製ではありません。

VanEckのHODL BTC ETFは、手数料を1年間0%に引き下げたことで、1日で119百万ドルの大幅な流入を記録しました。この動きによりETFはより魅力的になり、1月のローンチ以来最大の1,600ビットコインが追加されました。運用手数料は2025年3月31日までまたは運用資産が15億ドルに達するまで引き下げられ、成長するビットコインETF市場での競争力が高まりました。

最近の流入により、VanEckのスポットビットコインETFは米国で6番目に大きく、6,000 BTC(440百万ドル)以上を運用し、InvescoやValkyrieなどの競合他社を上回りました。スポットビットコインETFへの流入増加は、ビットコインの価格が72,000ドルを超える上昇と重なり、月曜日の新規提供に対して約10億ドルの流入がありました。これにより、既存のGrayscale Bitcoin Trustからの50億ドルの流出を相殺しました。

全体として、デジタル資産ファンド市場は先週、27億ドルの史上最高の流入を記録し、そのうち26億ドルがビットコイン製品に集まりました。このトレンドは、ビットコインの価格動向やETFプロバイダー間の競争激化によって推進され、仮想通貨やETFへの関心の高まりを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: