主要金融機関がトークン化資産のためにエンタープライズブロックチェーンをテスト

By CoinDesk – 2024/03/13 01:30:07 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ゴールドマン・サックス、BNYメロン、Cboeグローバル・マーケッツが他社とブロックチェーンネットワ

この記事と類似した記事の両方が、Goldman SachsやBNY Mellonを含む主要金融機関によるCanton Networkの成功したテストについて取り上げています。両方の記事の焦点は、ブロックチェーン技術が金融部門においてリスクを軽減し、資本を最適化し、業務効率を向上させる可能性にあります。類似した記事では、BNP Paribasなど他の企業もテストに参加しており、この記事でも言及されています。両方の記事は、伝統的な金融機関の間でブロックチェーン技術への関心が高まっていることを強調しています。ただし、この記事では、テスト中にシミュレートされた具体的な取引に関する追加情報が提供されており、トークン化された資産、ファンド登録、デジタルキャッシュ、および証券貸借取引が含まれています。また、類似した記事には言及されていないVisaの参加も言及されています。したがって、全体的なテーマや一部の詳細は同じですが、この記事は類似した記事に含まれていない新しい事実を提供しています。

主要金融機関がゴールドマン・サックスやBNYメロンなどと共に、Digital Assetが運営するCanton Networkの成功したテストを実施しました。このパイロットプロジェクトには、業界のさまざまな参加者が関わり、トークン化資産の取引や決済、ファンド登録、デジタルキャッシュ、証券貸借取引などがスムーズに行われました。このネットワークは、リスクの軽減、資本の最適化、そしてデイリーマージンサイクルの実現の可能性を示しました。

企業ブロックチェーンへの関心が高まっており、企業は公開ネットワーク技術のプライベートバージョンを通じて効率を求めています。金融資産をブロックチェーンベースのトークンに変換するトークン化に焦点が当てられており、これが主要な要因となっています。Digital AssetのCEOであるYuval Rooz氏の発言によると、Cantonは、規制要件を遵守しながら、連携した金融システムが新しい方法で同期することを可能にしています。

ゴールドマン・サックスやBNYメロンに加え、BNPパリバ、ステート・ストリート、ビザなどの主要機関もこのパイロットプロジェクトに参加しました。シミュレーション取引の成功により、相互運用可能なアプリケーションがセキュリティを向上させ、リスクを軽減し、資本最適化を促進する利点が示されました。この取り組みは、金融業務におけるブロックチェーン技術の活用に向けた重要な一歩となります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: