クレイグ・ライト、サトシの主張に関する英国裁判で偽証の疑い

By CoinDesk – 2024/03/13 01:40:11 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン創設者サトシ・ナカモトの身元を巡る裁判が結論に至る

新しい記事と類似した記事の両方が、クレイグ・ライトと彼がビットコインの創始者であると主張することに関わる現在進行中の裁判について取り上げています。両方の記事は、クリプト・オープン特許同盟(COPA)がライトの主張に異議を唱え、彼が中本の名前を使ってさらなる主張をすることを防ぐ意向であることを述べています。新しい記事は、ライトに対する訴えに関する追加情報を提供しており、偽証や偽造の疑いなどの告発が含まれていますが、これは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事にはない新しい事実や詳細を提供しています。

暗号特許オープン連合(COPA)は、クレイグ・ライトがビットコインの発明者であるサトシ・ナカモトであると主張する裁判で、ライトが偽証を行ったかどうかを英国の検察官に調査する予定です。COPAの弁護士は、裁判で提示された証拠が明確に示すところによると、ライトがサトシではないことを証明し、彼が文書を偽造し、誓言の下で嘘をついたと主張しました。

ライトに対する非難には、「不誠実な証人」であり、法廷で証言中に重大な詐欺行為に関与しているというものが含まれています。COPAは、ライトがビットコインの白書を編集したとされる事例を強調し、証拠として提出された電子メールが不明な第三者によって操作されたと主張しました。同盟は、ライトがサトシでないことを最終的に証明し、彼が虚偽の主張に基づいてさらなる行動を取ることを防ぐための法的措置を求めています。

COPAは、ライトがサトシであるという虚偽を維持するために、偽証と偽造を広範囲に行ったと主張しました。同盟は、英国の検察官に対して、ライトを偽証および司法妨害で起訴することを検討するよう促す意向です。裁判が終盤に差し掛かる中、焦点はビットコイン開発者とライトの法的チームによる結論陳述に移り、その後に裁判官の判決が下される予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: