イーサリアムのDencunアップグレード:データストレージと取引コストの革新

By CoinDesk – 2024/03/13 02:10:12 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イーサリアム、レイヤー2のブロックチェーン向け手数料引き下げのためのDencunアップグレード準備
イーサリアム開発者が「Dencun」アップグレードの詳細を確定

記事は、Ethereumの新しいDencunアップグレードについて取り上げており、これはCancunとDenebの2つのアップデートの組み合わせです。Proto-Dankshardingの導入が強調されており、これはデータストレージにおける新しいアプローチであり、コミュニティがEthereumのインフラを推進するための協力努力が際立っています。類似した記事もDencunアップグレードについて取り上げ、データストレージや取引コストへの影響、Proto-Dankshardingの導入について議論しています。ただし、新しい記事では、Proto-Dankshardingの機能にとって重要な2022年の世界最大のTrusted Setupセレモニーに関する追加情報が提供されています。この具体的な詳細は類似した記事には記載されていません。したがって、記事全体のテーマは同じですが、新しい記事は報告に価値を追加するユニークな情報を提供しています。

イーサリアムの最大規模のアップグレードであるDencunは、ネットワーク上でデータが格納される方法に大きな変化をもたらす予定です。このアップグレードは、レイヤー2の取引をよりアクセスしやすく、コスト効率的にすることを目的としており、これにより活動がこれらのネットワークに移行する可能性があります。Dencunは、CancunとDenebの2つのアップデートを組み合わせたもので、9つのEthereum Improvement Proposalsを含んでいます。

Dencunは、2022年9月にネットワークをステーキングアルゴリズムに移行させたThe Mergeに続く、イーサリアムにとって重要な節目を示しています。このアップグレードは、さまざまなロールアップやスケーリングレイヤーをサポートし、最終的には秒間数百万取引を処理することを目指すイーサリアムの目標に向けた重要な一歩です。DencunでのProto-Dankshardingの導入により、イーサリアムがデータを格納する方法が革新され、高額で計算負荷の高いメインネットの実行レイヤーから、よりコスト効率の良いデータブロブの格納方法に移行します。

イーサリアムの研究者であるDankrad FeistとProto Lambdaにちなんで名付けられたProto-Dankshardingは、イーサリアムのスケーラビリティの元々の計画からの逸脱です。この新しいアプローチはデータの格納を簡素化し、2022年に世界最大の「Trusted Setup」セレモニーを通じて開始されました。KZGセレモニーには数万人の参加者がおり、Proto-Dankshardingが機能するために必要な秘密のランダムデータ文字列を生成し、イーサリアムのインフラを前進させるためのコミュニティの協力努力を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: