米裁判所、趙長鵬にパスポートの引渡しを命じ

By PANews – 2024/03/13 02:15:31 (JST)

米裁判所は、元Binance CEOの趙長鵬に、2023年3月13日に報告された通り、全てのパスポートを第三者に引き渡すよう命じた。趙氏は判決の残りの期間米国に滞在し、旅行計画を当局に通知し、カナダのパスポートを旅行の際に保護者に引き渡さなければならない。新しいパスポートを裁判所の許可なしに申請することは禁止され、保護者は裁判所または予審サービス部門の許可がない限り返却できない。この命令は、趙長鵬が旅行制限を遵守し、裁判所の同意なしに新しいパスポートを取得することを防ぐことを目的としている。裁判所の命令により、趙氏は有効または期限切れのパスポートを第三者に引き渡し、旅行を監督し、適切な許可のみでパスポートを返却する必要がある。趙氏はこれらの条件に従い、米国滞在中に裁判所の指示を遵守し、法的なコンプライアンスを維持しなければならない。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: