スポットビットコインETFが期待を上回り、市場の成功を牽引

By The Block – 2024/03/13 02:30:11 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
スポットビットコインETFが市場シェアを独占、先物ETFを凌駕
スポットビットコインETF取引高、2か月未満で1000億ドルを突破

新しい記事と類似した記事は、スポットビットコインETFの成功、市場での支配力、およびビットコイン価格の急上昇を論じています。どちらも、著しい取引量や流入額、そして市場における主要プレーヤーであるBlackRock、Grayscale、Fidelityを言及しています。ただし、新しい記事は、類似した記事には記載されていない具体的な数字を提供しており、ETFは現在合計802,000ビットコインを保有し、流通供給量の4%を占め、設立以来$56.6 billionにほぼ倍増していることを示しています。また、これらのETFを取り扱う可能性のある大手資産運用プラットフォームについても言及しており、これは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なテーマは同じですが、新しい記事は類似した記事とは異なる新しい事実と分析を提供しています。

スポットビットコインETFは取引開始から2か月で期待を上回り、大きな流入と取引量を記録しました。アナリストは、これらのETFがビットコインの価格を約$25,000から$70,000に急騰させる重要な役割を果たしており、史上最も成功したETFの立ち上げとなっています。これらのETFは現在、総計802,000ビットコインを保有し、流通供給量の4%を占めており、設立以来の価値がほぼ倍増して$56.6十億ドルに達しています。

スポットビットコインETFの成功は、2004年に最初のゴールドETFが立ち上げられた際との比較を引き起こし、日々の純流入が初期予測を上回っています。特筆すべきは、これらのETFがスポットと先物ベースのビットコインETFの90%の市場シェアを獲得し、取引量ではBlackRock、Grayscale、Fidelityが主導的な役割を果たしています。ビットコインの市場構造は永続的に変化し、取引量がニューヨーク時間の午後3時から4時に集中しています。

成功にもかかわらず、スポットビットコインETFはまだすべてのプラットフォームで利用可能ではなく、VanguardがこれらのETFをリストアップすることを控えていることが特筆されます。ただし、より大規模な資産運用プラットフォームがこれらのETFを近々導入する可能性があり、さらなる資本を引き付けるかもしれません。これらのETFの成功により、一部のファンドは従来の商品に加えてビットコインを分散投資戦略として検討しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: