米国のビットコインETFに続き、英国が小売業者に同じ自由を求める

By Blockworks – 2024/03/13 05:06:32 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
英国のFCA、機関投資家による暗号資産担保ETN取引を許可、小売投資家は制限
ロンドン証券取引所、物理的に裏付けられた暗号通貨ETN提案を検討

新しい記事では、英国金融行動監視機構(FCA)が、米国に続いて小売投資家に物理的に裏付けられた取引所売買ノート(ETN)などの暗号資産商品へのアクセスを許可するよう求められていることが取り上げられています。また、FCAは最近、暗号資産ETNに関する方針の更新を行い、認定投資取引所がこのような商品を専門投資家のみにリストアップすることを許可しています。同様の記事では、FCAの立場、小売投資家への制限、ロンドン証券取引所の計画など、同じトピックが取り上げられています。しかし、新しい記事では、米国におけるビットコインETFの成功がFCAのアプローチに与える影響や、英国における小売投資家への暗号資産へのアクセスに関する今後の展開への期待について、追加の文脈が提供されています。この追加の文脈と分析は、同様の記事には含まれていません。

英国金融行動監視機構(FCA)は、米国に続いて小売投資家が物理的に裏付けられた取引所売買ノート(ETN)などの暗号資産商品にアクセスできるよう求められています。FCAは最近、プロ投資家のみが対象となるように認識された投資取引所がこのような商品をリストアップすることを許可しました。これにもかかわらず、業界の専門家は小売投資家がこれらの商品にアクセスできるよう主張し、小売投資家にとって規制された市場の利点を強調しています。ロンドン証券取引所は、第2四半期に物理的に裏付けられたビットコインおよびイーサリアムETNの申請を受け付ける予定です。

FCAは、取引所やプロ投資家が暗号資産商品のリスクアペタイトを評価できると信じていますが、これらの商品は潜在的な危険性のため小売消費者には適していないとの立場を維持しています。ただし、一部の業界リーダーは、小売投資家が規制された市場で暗号資産商品を取引できないことに失望を表明し、確立された取引所のセキュリティ上の利点を強調しています。FCAは、2021年1月に暗号資産派生商品とETNの小売消費者への販売を禁止しましたが、進化する暗号資産の状況から、この制限の再考を求める声が上がっています。

米国でのビットコインETFの成功がFCAのアプローチに影響を与えており、業界の専門家は、FCAがビットコインETFのSEC承認の結果を観察するのを待っている可能性があると示唆しています。FCAの慎重な段階的アプローチは、影響がより情報豊かな参加者ベースで評価されると、潜在的な小売アクセスに向けた一歩と見なされています。規制環境が進化する中、英国における暗号資産商品への小売アクセスに関するさらなる展開が期待されており、業界全体のトレンドと一致しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: