OKX、シンガポールで主要支払機関ライセンスの原則承認を受ける

By The Block – 2024/03/13 11:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
OKX、シンガポールでの主要支払機関ライセンスの仮承認を受ける

まず第一に、この記事と類似した記事の両方が、シンガポール通貨金融庁から主要な支払い機関ライセンスの承認を受けたOKXについて取り上げています。ただし、類似した記事では承認が仮承認であると述べられていますが、この記事では原則承認であると述べられています。この違いは、承認プロセスの異なる段階を示唆する可能性があるため、重要かもしれません。第二に、この記事はOKXの最近の業績に関する具体的な詳細を提供し、2月に75十億ドル以上の暗号通貨取引を処理したことを述べています。この情報は類似した記事には含まれていません。最後に、この記事では、トルコに地域子会社を最近立ち上げたことを含む、OKXのグローバル拡大の取り組みについても言及していますが、これは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じであるものの、この記事は新しい事実や詳細を提供しており、類似した記事には含まれていないものです。

仮想通貨取引所の大手であるOKXは、シンガポール子会社に対し、シンガポール通貨金融庁から主要支払機関ライセンスの原則承認を受けました。同社はシンガポールを重要市場と位置付け、都市国家でのデジタル支払トークンサービス提供を目指しています。この承認は、OKXのシンガポールの暗号生態系へのコミットメントとグローバル拡大の取り組みを象徴しています。

この承認は、OKXが2月に750億ドル相当の暗号通貨を処理し、世界最大の仮想通貨取引所の1つとしての地位を確立していることを示しています。一方、競合他社のBinanceは月間取引高が5060億ドルでした。OKXは最近、トルコに地域子会社を立ち上げるなど、積極的にグローバル展開を進めています。シンガポール通貨金融庁は、Blockchain.com、Circle、Coinbase、Rippleなど、さまざまな暗号サービスプロバイダーに完全なライセンスを付与しており、地域での暗号サービスの受容拡大を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: