イーサリアムのDencunアップグレード:データストレージと拡張性の革新

By CoinDesk – 2024/03/13 12:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イーサリアム、レイヤー2のブロックチェーン向け手数料引き下げのためのDencunアップグレード準備
イーサリアム開発者が「Dencun」アップグレードの詳細を確定

新しい記事では、EthereumのDencunアップグレードについて取り上げられ、Proto-Dankshardingの導入とデータストレージおよびスケーラビリティへの影響が焦点となっています。また、2022年の「Trusted Setup」セレモニーに触れ、これがDencunのデータストレージ改善の実現に向けた重要な一歩であったことが述べられています。同様の記事もDencunのアップグレード、データストレージおよびスケーラビリティへの影響、Proto-Dankshardingの導入について取り上げています。しかし、これらの類似した記事のいずれも「Trusted Setup」セレモニーに言及していません。この情報は、Proto-Dankshardingの実装に関する追加の文脈を提供するため、新しい事実と見なすことができます。したがって、記事全体の内容やテーマは類似していますが、新しい記事は類似した記事にはないユニークな詳細を提供しています。

イーサリアムの次期アップグレードであるDencunは、ネットワークにとって重要な進展と見なされており、特にレイヤー2のスケーリングプラットフォーム上での分散型アプリとユーザーのインタラクションの向上に関して注目されています。Dencunは、イーサリアムのデータストレージを革新し、レイヤー2取引においてよりアクセスしやすく、費用対効果の高いものにすることで、ほとんどの活動がこれらのネットワークに移行する可能性があります。このアップグレードは、CancunとDenebの組み合わせであり、2022年9月のThe Mergeに続く、イーサリアムにとって重要なマイルストーンであり、複数のロールアップとスケーリングレイヤーのサポートに向けた一歩となっています。

Dencunが導入するProto-Dankshardingは、イーサリアムのデータ保存方法に根本的な変化をもたらすとされています。この革新的なアプローチでは、データを一時的な「ブロブ」に保存することで、現行システムと比較してより費用対効果の高い方法を採用しています。Proto-Dankshardingにおける「シャーディング」という用語は、従来のデータベース分割方法を指すのではなく、データ保存を簡素化する新しい戦略を示しており、イーサリアムの元々のスケーリングロードマップから逸脱しています。このアップグレードは、データ管理を効率化し、Dankshardingなどの将来の進展に道を開くことを目指しています。

Proto-Dankshardingの実装は、2022年に世界最大の「信頼されたセットアップ」セレモニーで始まりました。このセレモニーは、Proto-Dankshardingを可能にする主要コンポーネントの研究者にちなんで名付けられ、数万人の参加者がイーサリアム上のブロブストレージに必要な秘密のランダムデータ文字列を共同で生成する重要な一歩となりました。このアップグレードは、イーサリアムのスケーラビリティとデータ管理のアプローチにおける重要な転換点を示し、ネットワークの機能のさらなる進展の舞台を築いています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: