インドネシアの金融庁が業界のコンプライアンス強化のための新しい暗号通貨規制を導入

By CoinDesk – 2024/03/13 21:10:06 (JST)

インドネシアの金融庁(OJK)は、金融部門の技術革新を取り入れるための新しい規制を導入しました。これには、銀行、保険会社、その他の業界関係者が新技術を活用するためのガイドラインが含まれています。規制は、金融部門の革新がさまざまな製品やサービスに与える影響に焦点を当て、デジタル運用と顧客保護を強調し、暗号通貨などのデジタル金融資産に焦点を当てています。これらの規則は2025年1月に発効します。

新しい規制は、金融業界における暗号通貨の発展を管理する基盤となり、OJKが2025年までに暗号通貨の監督に備える積極的なアプローチを示しています。OJKは、既存の暗号通貨規制機関であるBappebtiとインドネシア銀行と協力し、デジタル金融資産の監督を行う移行チームを設立しています。さらに、OJKはマレーシア、シンガポール、ドバイの金融当局と提携し、包括的な暗号通貨ポリシーを策定しています。これには、これらの国の規制機関との覚書の起草も含まれており、暗号通貨規制のための堅固な枠組みを構築することを目指しています。

インドネシアの金融庁の新しい規制は、金融部門におけるデジタル金融資産などの技術革新を促進することを目的としており、業界関係者が新技術の可能性を探索し、顧客保護を確保し、革新のためのテスト環境を確立するためのガイドラインを提供しています。これらの規制は、2025年までに暗号通貨活動の監督を強化するためのOJKの取り組みと、デジタル金融資産の規制枠組みを強化するための国際パートナーとの協力を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: