クレイグ・ライトの弁護士が、サトシ・ナカモトの正体を決定する裁判でCOPAの詐欺主張に反論

By CoinDesk – 2024/03/14 02:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
クレイグ・ライト、サトシの主張に関する英国裁判で偽証の疑い
ビットコイン創設者サトシ・ナカモトの身元を巡る裁判が結論に至る

新しい記事と類似した記事はすべて、クレイグ・ライトと彼がビットコインの創始者であると主張することに関連する現在進行中の裁判について取り上げています。すべての記事は、Crypto Open Patent Alliance(COPA)がライトの主張に異議を唱えていることを述べています。新しい記事では、ライトの弁護士であるアンソニー・グラビナーが、COPAの詐欺の非難を否定し、COPAの証人の証言の証拠能力に異議を唱えている具体的な情報を提供しています。このような弁護側の戦略に関する具体的な情報は、類似した記事には存在しません。類似した記事は、ライトに対する非難と、もし彼が中本哲史でないことが証明された場合の潜在的な結果に焦点を当てています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事にはない新しい事実と異なる視点を提供しています。

クレイグ・ライトの弁護士、アンソニー・グラビナーは、ビットコインの創設者であるサトシ・ナカモトの正体を確定するための裁判で、Crypto Open Patent Alliance(COPA)の詐欺主張を反論しました。グラビナーは、ライトが主催したプライベート署名セッションが妨害されたというCOPAの主張に対し、その主張を支持する証拠が不足していることを強調しました。

さらに、グラビナーは、COPAの証人であるパトリック・マデンの証言の許容性に疑問を投げかけ、マデンがCOPAとの関係を引き合いに出しました。マデンは、ライトの信頼文書の多くが改ざんされ、彼の主張を補強するために変更されたと主張していました。

COPAが裁判で提示された証拠が、ライトがサトシではないことを明確に証明していると主張したにもかかわらず、ライトの弁護団は、ライトが信頼文書が編集された可能性を否定していないことを強調しました。この裁判の結果は、仮想通貨取引所や開発者に関わる現在進行中の法的手続きに影響を与える可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: