米裁判官、ジェミニ・アーン・プログラムに対するSECの訴訟の却下申立てを拒否

By The Block – 2024/03/14 04:00:06 (JST)

米地区裁判官は、ジェミニとジェネシスが提出した訴訟却下の申立てを拒否しました。裁判官は、SECがジェミニ・アーン・プログラムを通じて小売投資家に未登録の証券を提供および販売したという主張が「合理的である」と述べました。SECは、2023年1月にジェネシスとジェミニを未登録の証券の提供および販売で告発しました。裁判官は、証券法の対象となるかどうかを判断するために使用されるハウイ・テストとレーブス・テストを引用しました。SECは、ジェミニ・アーン・プログラムの投資家が被告の努力から利益を得ることを期待していたと主張し、プログラムが投資機会として宣伝され、投資家が収益を得る可能性があると公言されたと述べました。ジェネシスとジェミニは、関与する資産が証券ではないと主張し、ジェネシスはジェミニ・アーンが証券ではなくローンであると主張しました。ジェミニとジェネシスの親会社であるDigital Currency Groupは、裁判官の判決についてコメントするためのリクエストに直ちに応じませんでした。SECの訴訟は、ジェミニ・アーン・プログラムを通じて小売投資家に未登録の証券の提供と販売を巡るものです。裁判官が却下申立てを拒否したことから、この件は進行し、SECの未登録証券提供の主張が法廷闘争の最前線にとどまることが示されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: