欧州銀行監督機構がESMAと提携し、ステーブルコイン規制を最終化

By Blockworks – 2024/03/14 04:14:56 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
EU規制当局、MiCA規制の下でステーブルコインのための草案規則を公表
EUがMiCA規制枠組みの下でステーブルコイン発行者の苦情手続きのための草案規則を公表

欧州銀行監督機構(EBA)および欧州証券市場監督機構(ESMA)による暗号資産市場に関する規制技術基準の最終案について、新しい記事と類似した記事はすべて取り上げています。これらは、ステーブルコイン発行者が苦情処理の標準化されたプロセスを持つことが求められること、およびこれらの規制がステーブルコイン市場における透明性と説明責任を向上させることを目的としていることを述べています。新しい記事は、類似した記事で取り上げられていない新しい事実や数字を提供していません。したがって、新しい記事の内容は基本的に類似した記事と同じです。

欧州銀行監督機構(EBA)は、欧州連合によって最近導入された暗号資産市場規制(MiCA)に準拠し、ステーブルコイン規制を最終化する重要な一歩を踏みました。EBAは欧州証券市場監督機構(ESMA)と協力して、ステーブルコイン発行者が顧客やユーザーからの苦情を処理するための手順を確立するための規制技術基準の最終案を公表しました。これらの基準は、ステーブルコインとして知られる資産参照トークンの発行者が苦情処理手順を公開し、苦情提出のための標準化されたプロセスを持つことを求めています。

最終案では、ステーブルコイン発行者は苦情の受領を確認し、その受領の日付を明記し、苦情の受領が適格かどうかを評価し、資産参照トークンの保有者や他の関係者から追加情報を迅速に要求する必要があります。2023年7月に公開された初期案に対する一般のコメントを受けて、EBAはデータ保護に関する規定や苦情フォームの更新など、標的型の修正を行いました。この最終案は、ステーブルコインや仮想通貨発行者が回復計画を策定する方法に関するEBAの以前のガイドラインに基づいています。

最終的な規制技術基準は2024年6月末までに欧州委員会に提出され、その後欧州議会と理事会で承認プロセスを経る予定です。これらの基準は、ステーブルコイン市場における透明性と説明責任を向上させ、発行者が苦情に対処し、顧客やユーザーの利益を保護するための明確な手続きを持つことを目的としています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: