暗号市場の最新情報:BTC、ETHが上昇;バイナンスが脱税の訴えに直面

By CoinDesk – 2024/03/25 22:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)がブラックロックの参入とグローバル緩和サイクルを歓迎し急騰
ビットコインとイーサが市場の変動とETF承認の懸念にもかかわらず安定を維持

新しい記事と類似した記事は、最近の暗号市場の好調な動きについて議論しており、具体的にはBitcoin(BTC)とEther(ETH)に言及しています。市場の上昇トレンドは、BlackRockが資産トークン化に興味を持ち始めたことや、世界的な中央銀行の緩和サイクルに起因するとしています。ただし、新しい記事はBTCとETH、さらにCD20のより最新で具体的な数字を提供しています。また、Internet Computer(ICP)、Ondo FinanceのONDO、Near Protocol(NEAR)などの他のトークンも言及され、大幅な増加を経験したことが類似した記事には記載されていない点です。さらに、新しい記事ではナイジェリアでのBinanceに対する脱税の告発について報じられており、これは類似した記事では取り上げられていない重要なニュースです。最後に、新しい記事では、スポットビットコイン上場投資信託(ETF)の流れに焦点が移り、CoinbaseとGrayscale Bitcoin Trust(GBTC)からの純流出額について具体的な数字を提供しています。これらは類似した記事には記載されていない点です。したがって、全体的な内容には類似点があるものの、新しい記事には新しい事実とより詳細な数字が含まれており、他の記事とは異なる特徴があります。

暗号市場は今週、Bitcoin(BTC)が3%上昇して$67,000で取引され、Etherは2.3%上昇して$3,400を超えました。CoinDesk 20(CD20)も約3.2%上昇しました。アナリストは、BlackRockの資産トークン化への関心と世界的な中央銀行の緩和サイクルが上昇の要因としています。他のトークン、例えばInternet Computer(ICP)、Ondo FinanceのONDO、Near Protocol(NEAR)も大幅な上昇を経験しました。

世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceは、ナイジェリアで脱税の訴えに直面しました。連邦内国歳入庁は、価値付加税(VAT)や法人所得税の未納など、さまざまな税務違反を取引所に対して申し立てました。この件に関連して、Binanceの幹部2名が政府によって拘束されたと報じられています。

暗号通貨市場では、スポットBitcoin ETFの流れに焦点が移り、Coinbaseによると、3月18日から3月21日までの純流出額は$836 millionに達しました。Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)は、4日間で合計$1.83 billionの大規模な流出を記録し、Bitcoinは$63,000を下回りました。流出急増の背景については不明な点が残っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: