ファントム財団、トランザクション処理と相互運用性向上のためにSonicを発表

By The Block – 2024/03/26 14:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ファントム財団、ソニックテクノロジーのローンチとガバナンス提案を発表
ファントムのソニックアップグレードによりFTMがほぼ200%急騰

新しい記事は、Fantom FoundationによるOperaの次の段階であるSonicを紹介し、1秒未満の確定時間を達成し、1秒あたり2,000トランザクション(TPS)を処理することを目指しています。また、ローンチのタイムライン、共有シーケンサーのコンセプト、およびガバナンスの変更について言及しています。最初の類似記事もSonicテクノロジー、ローンチのタイムライン、共有シーケンサーのコンセプトについて議論していますが、トランザクション処理速度やガバナンスの変更について具体的な詳細は提供していません。2番目の類似記事は、Sonicアップグレードの前進によるFTMトークンの急増に焦点を当て、アップグレードに関するいくつかの技術的詳細を提供していますが、共有シーケンサーのコンセプトやガバナンスの変更については言及していません。したがって、重複するテーマや情報がある一方で、新しい記事は類似記事でカバーされていない新しい事実や詳細を提供しています。

ファントム財団は、Operaの次の段階であるSonicを導入する準備を整えており、1秒未満の確定時間で1秒あたり2,000件の取引を処理することを目指しています。この新しいイテレーションは、今年の夏の終わりか秋の初めに発売される予定であり、現行のOperaバージョンが処理できる200件の取引を処理する能力から大幅に進化しています。Sonicの開発には、Fantom内のDeFi活動をサポートするために、液体ステーキングトークンの導入やエコシステム内の開発を促進するための助成プログラムの拡大などの機能が含まれています。

DeFi機能の強化に加えて、FantomはSonicをLayer 1およびLayer 2チェーンのための「共有シーケンサー」として位置付けることを目指しています。この共有シーケンサーのコンセプトは、複数のロールアップのために同時にブロックを生成し、さまざまなロールアップで利用できるシーケンサープールとして機能します。このようにSonicを活用することで、Fantomは異なるブロックチェーン層間でのトランザクション処理を効率的に行い、大量の取引を処理することを目指しています。Sonicに対するチームのビジョンは内部の改善にとどまらず、他のチェーンと統合してシームレスで相互接続されたブロックチェーンエコシステムを構築する計画も含まれています。

さらに、Sonicの展開により、Fantomエコシステム内でガバナンスの変更がもたらされ、新しいステーキングメカニズムやより分散化されたブリッジングソリューションが導入され、ユーザーが安全にイーサリアムから資金を移動できるようになります。この戦略的な動きは、以前にイーサリアムとのクロスチェーンブリッジでハッキングが発生し、財団が損失を被ったことを考慮すると、重要です。セキュリティと分散化を重視することで、Fantomはユーザー資産を保護するだけでなく、ネットワーク内のトランザクションの全体的な効率性と信頼性を向上させる堅牢なインフラを構築することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: