ポジティブな兆候が欠如する中、スポットイーサリアムETFの承認見通しは不透明なまま

By The Block – 2024/03/26 19:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Grayscale CLO、スポットイーサETFの承認に楽観的
Coinbaseの法務責任者がSECに「スポットEthereum ETFを拒否する理由はない」と主張

新しい記事では、米国証券取引委員会(SEC)によるスポットイーサーETFの承認についての見通しが不透明であることが取り上げられており、ブルームバーグのシニアETFアナリストであるエリック・バルチュナス氏は、肯定的な兆候の不足から承認の可能性を25%と評価しています。また、Grayscaleの最高法務責任者であるクレイグ・サルム氏は、SECの沈黙が必ずしも否定的な結果を示すものではないとの見解を述べています。記事では、SECがイーサーを証券として分類することに興味を持っており、暗号通貨企業に対してイーサリアム財団との関係についての召喚状を発行していることも言及されています。同様の記事と比較すると、最初の類似記事では、サルム氏がスポットイーサーETFの承認に対する楽観視とSECの重要な問題への関与について述べられています。2番目の類似記事では、SECのイーサーの分類に対する見解の相違やスポットイーサリアムETFの決定の遅れについて議論されています。全ての記事で共通しているスポットイーサーETFの承認に対する不確実性というテーマに加えて、新しい記事では、バルチュナス氏による承認の具体的な確率(25%)が示されており、これは類似記事には記載されていない要素となっています。したがって、これは新しい事実と考えられます。

米国証券取引委員会(SEC)によるイーサリアムETFの承認に対する見通しは暗いと、ブルームバーグのシニアETFアナリストであるエリック・バルチュナスが悲観的な見解を示し、承認の支持を示すポジティブな兆候や指標の不足を強調しました。バルチュナスは、承認プロセスにおける前向きな進展の欠如を強調し、スポットイーサリアムETFにとって困難な道が示唆されました。

一方、グレースケールの最高法務責任者であるクレイグ・サルムは、バルチュナスの見解とは異なり、SECの不参加に異なる視点を持っています。サルムは、SECの沈黙が必ずしも否定的な結果を示すものではないと提案し、ビットコインETFの承認プロセスと現在のイーサリアムの状況との類似点を指摘しました。サルムは、ビットコインETFの承認時に多くの重要な詳細がすでに取り上げられており、イーサリアムETFのプロセスが合理化される可能性があると述べました。

SECはスポットイーサリアムETFの申請に積極的に関与していませんが、報告によると、同機関がイーサリアムを証券として分類することに興味を持っているという情報があります。この焦点の変化と、暗号企業に対するイーサリアム財団との関係に関する召喚状の発行により、スポットイーサリアムETFの承認の可能性に疑念が生じています。イーサリアムを取り巻く規制環境は不確実なままであり、近い将来のETF承認の見通しに影響を与えています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: