SECがRipple Labsに対してXRPの機関投資家への販売に関連して19.5億ドルの罰金を提案

By The Block – 2024/03/27 00:00:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
SECがRipple Labsに対して19.5億ドルの罰金を求める
SECがリップルラボに対して$2 billionの罰金を求める

新しい記事と類似した記事はすべて、SECがRipple Labsに対して19.5億ドルの罰金を提案したことについて議論しています。すべての記事で、罰金が没収金、先取り金利、および民事罰金に分割されることが言及されています。また、Rippleが提案された罰金に対する反応についても、企業の総顧問がSECの行動を批判していることがすべての記事で言及されています。SECとRippleの間で続く法的闘争は、SECがRippleが登録されていないXRPの販売を通じて13億ドルを調達したと主張したことから始まり、すべての記事で共通のテーマとなっています。新しい記事には、すでに類似した記事でカバーされている新しい事実や数字は提供されていません。

SECはRipple Labsに対し、XRPを機関投資家に適切な登録なしで販売したとされるRippleの違法行為の重大性と普及性を考慮するよう、裁判官Analisa Torresに要請する提案最終判決を提示し、ほぼ20億ドルに及ぶ巨額の罰金を支払うよう求めています。SECは、未登録の取引を行うRippleや他の関係者に強い抑止メッセージを送ることの重要性を強調しています。RippleはSECの提案する罰金に対し、規制当局の行動を厳しく批判し、誤解を招くものと位置付けました。Rippleの最高法律責任者であるStuart Alderotyは、SECが虚偽の発言をし、Rippleや業界全体を脅迫しようとしていると非難しました。企業は4月22日までに反論を提出する予定であり、数年にわたる法廷闘争を継続する見通しです。SECの提案する最終判決は、Rippleが機関投資家に直接販売した取引に焦点を当て、SECがこれらの取引を違法と見なし、Rippleがこれらの取引から約10億ドルを受け取ったと主張しています。裁判所の提出書類は、証券規制に従わずに企業が莫大な資金を容易に調達できる場合、金融市場の法的構造への潜在的な脅威を強調しています。SECによれば、Rippleのこれらの規制に対する抵抗は、登録された証券取引と完全な開示の必要性を損ない、金融市場の信頼性にリスクをもたらすとしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: