DOJが暗号通貨取引所KuCoinを反マネーロンダリング法違反で非難

By Blockworks – 2024/03/27 00:24:04 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米国がクリプト取引所KuCoinと創業者を反マネーロンダリング法違反で告発
仮想通貨取引所KuCoinとその創業者が銀行秘密法違反と不正資金移動の疑いを受ける

新しい記事と類似した記事はすべて、DOJによる反マネーロンダリング法違反の告発についての同じ主題を取り上げています。ただし、新しい記事は、類似した記事にはないより詳細な情報を提供しています。たとえば、KuCoinが送金した疑わしい資金の金額(40億ドル)や金融市場の影での運営から受け取った金額(50億ドル)など、具体的な数字を挙げています。また、KuCoinがニューヨーク州司法長官との2200万ドルの和解金やニューヨークでの事業停止についての情報も提供しています。さらに、2023年7月にKuCoinが連邦捜査によって促されたKYCプログラムの採用についても言及しています。これらの詳細は、類似した記事には含まれておらず、状況の一般的な概要のみを提供しています。したがって、全体的な内容の類似性にも関わらず、新しい記事には類似した記事とは異なる新しい事実が含まれています。

DOJが暗号通貨取引所KuCoinとその創業者を反マネーロンダリング法違反で非難し、Platfromで取引する米国ユーザーを隠蔽したと主張。AML方針を回避することで、KuCoinは疑わしい資金を40億ドル以上送金し、金融市場の影で50億ドルを受け取ったとされる。DOJは、連邦捜査によって2023年7月にKYCプログラムを導入するまで、KuCoinが米国顧客に自己識別を積極的に妨げたと主張した。

昨年12月、KuCoinはニューヨーク州司法長官と2200万ドルで和解し、不適切な登録を理由にニューヨークでの運営を停止した。KuCoinに対する最近の措置は、Binanceとの数十億ドルの和解以来、DOJが暗号通貨取引所を標的にした初めての行動となる。元Binance CEOのChangpeng Zhaoは和解の一環として退任し、AML違反で来月に判決を受ける予定。DOJのKuCoinに対する起訴は、暗号通貨業界における不正活動への政府の取り締まりを浮き彫りにしている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: