米下院共和党議員、SECの不確実性の中でPrometheumのETH保管計画に懸念表明

By CoinDesk – 2024/03/27 05:40:06 (JST)

米下院共和党議員は、Prometheum Inc.がEthereum(ETH)の保管サービスを提供する計画に関してSECに懸念を表明し、現行規制下でのその行為の合法性を疑問視しています。議員らは、ETHが証券ではないと主張し、SECのゲンスラー委員長がこの問題について明確さを欠いていることを批判し、業界に混乱をもたらしています。PrometheumのETH保管計画は、当初は今四半期に開始する予定でしたが、現在は来四半期に延期される見通しです。

SECと商品先物取引委員会は、ETHの分類について対立しており、CFTCはETHを商品と見なしていますが、SECの立場は不確かなままです。SECのETHおよび関連企業に対する調査は、ETHが証券と見なされるかどうかについて明確さをもたらす可能性があります。Prometheumのケースは、米国が暗号セクターを規制する方法において転換点となる可能性があり、他の企業が合法的に運営するための規制承認を求める影響があります。

SECがPrometheumが証券と見なすトークンの保管サービスを承認すれば、現行のSEC規則が暗号企業の運営を妨げているという業界の主張に挑戦する可能性があります。SECがPrometheumの活動を停止すれば、暗号企業の登録要件の強化を示すかもしれません。議員らは、暗号業界のための明確な規制枠組みの必要性を強調し、米国の暗号市場における規制上の不確実性に対処するための立法努力の重要性を強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: