SECがリップルから19億ドルを要求する法的闘争要約

By Blockworks – 2024/03/27 06:29:42 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
SECがリップルラボに対して20億ドルを求める
SECがリップルラボに対して$2 billionの罰金を求める

新しい記事と類似した記事はすべて、SECがRipple Labsに対する法的訴訟について取り上げており、SECはRippleから多額の金額を求めています。新しい記事と類似した記事の主な違いは、SECが求めている金額です。新しい記事では19億ドルに対し、類似した記事では20億ドルです。ただし、金額の違いは新事実を構成するものではなく、おそらく丸めの違いや進行中の訴訟の軽微な更新である可能性があります。Rippleの反応、進行中の法的闘争、および暗号通貨業界への影響を含むその他の内容は、すべての記事で大部分が同じです。

SECがリップルラボに対して提出した最終判決で、19億ドルの支払いを求めている。リップルのCEOと最高法務責任者は、SECの行動を誤解を招くものとし、同社がリップルや業界を罰し脅迫しようとしていると非難した。もし裁判官がSECの請求を認めれば、リップルは30日以内に19億ドルを支払う必要があり、未登録の提供を行うことが禁止される。

リップルの幹部は、来月SECの提案に対する回答を提出すると発表した。彼らはSECの過剰な行動と法に違反していると非難し、回答でその機関を暴露すると誓った。SECとリップルの法廷闘争は数年にわたり続いており、SECはリップルが証券法に違反したと主張している。以前の判決では、リップルのトークン販売の一部が未登録の証券取引とされたが、完全な勝利とはならなかった。

SECがリップルに対して19億ドルの支払いを求めることは、同社がトークン販売に関連して直面している法的課題の継続を浮き彫りにしている。リップルの幹部は、SECの行動を厳罰的で業界を脅迫するものとして非難し、同社と規制機関との継続的な論争的な関係を示している。この法廷闘争の結果は、リップルや広範な仮想通貨業界に重大な影響を与えるであろう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: