AltLayerがロールアップ向けの高速確定サービスのためにALTトークンのステーキングを導入

By PANews – 2024/03/27 17:05:21 (JST)

AltLayerは、ALTトークンのステーキングを導入し、保有者がエコシステムの経済的セキュリティを向上させることが可能となりました。この動きは、Layer2ロールアップ向けの高速確定サービスであるMACH Alphaの展開の一環であり、Layer2ソリューションの保護と拡大を目的としています。EigenLayer上で開発されたMACH Alphaは、経済的セキュリティのためにリセットメカニズムを活用したアクティブな検証サービスとして機能しています。

MACH Alphaは、再割り当てされたロールアップフレームワークの下で、OP MainnetとArbitrum Oneの2つの主要なロールアップをサポートします。AltLayerは、「再ステーキングロールアップ」を導入する計画であり、EigenLayerの再割り当てメカニズムを活用してLayer2プロジェクトのネットワークセキュリティを強化する予定です。ALTトークンのステーキングは、Layer2エコシステム全体のセキュリティと拡張性に重要な役割を果たし、トークン保有者やネットワーク全体に利益をもたらすでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: