Bitcoin (BTC)、Ether (ETH) オプション満期が15億ドルの決済を前にボラティリティを引き起こす可能性

By CoinDesk – 2024/03/28 15:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
BTCおよびETHオプション契約の総額が15億ドル以上に達する今週金曜日の満期
Deribitの3月満期のビットコインオプションのオープンインタレストが過去最高水準に達する

新しい記事では、Deribitで15.2億ドル相当のビットコイン(BTC)およびイーサリアム(ETH)オプション契約の満期が取り上げられており、これが強気の価格変動をもたらす可能性があります。ビットコインオプションが95億ドルを占め、残りはイーサリアムオプションです。記事では、多額のオプションがインザマネー(ITM)で満期を迎える見込みであり、市場に上向きの圧力や変動を引き起こす可能性があります。BTCとETHの最大ペインポイントはそれぞれ5万ドルと2,600ドルです。同様の記事では、DeribitでのBTCおよびETHオプション契約の同様の満期が取り上げられ、同様の数字と市場への潜在的な影響が述べられています。最初の同様の記事では、150億ドル以上のBTCおよびETHオプションの満期が言及され、BTCが41%、ETHが46%の契約が納品される見込みです。2番目の同様の記事では、Deribitで今週満期を迎える95億ドル相当のビットコインオプションのオープンインタレストが取り上げられ、'max pain'価格は5万ドルです。新しい記事と同様の記事は、同じ出来事について、同様の数字と市場への潜在的な影響について議論しています。したがって、新しい記事には、同様の記事に含まれていない新しい事実や新しい分析が含まれていないようです。

Deribitで15.2十億ドル相当のビットコイン(BTC)およびイーサリアム(ETH)オプション契約が四半期満期を迎え、強気の価格変動を引き起こす可能性があります。この満期は取引所の歴史の中でも最大のものであり、ビットコインオプションが95億ドル、イーサリアムオプションが残りを占めています。アクティブ契約のドル価値を表す名義金利は、ビットコインとイーサリアムそれぞれについて40%と43%が消滅する見込みです。

DeribitのLuuk Strijers氏は、多額のオプションが満期時にインザマネー(ITM)になる見込みであり、市場に上向きの圧力やボラティリティをもたらす可能性があると述べました。ビットコインオプションのうち39億ドル相当と、イーサリアムの四半期総名義金利の15%がITMになる見込みです。BTCとETHの最大ペインポイントはそれぞれ5万ドルと2,600ドルであり、オプション売り手がこれらのポイント近くに価格を固定して買い手に最大の損失を与えるという理論があります。

FRNT FinancialのDavid Brickell氏は、ディーラーやマーケットメーカーのガンマポジショニングが、7万ドルのストライク価格周辺でボラティリティを増大させる可能性があると指摘しました。マーケットメーカーがガンマをショートしている場合、ポジションをヘッジするために高値で買い、安値で売る必要があり、価格の変動を増幅させる可能性があります。満期後に市場に上向きの圧力が生じる可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: