公開ブロックチェーン上のトークン化された米国債のAUMが10億ドルを超える | ザ・ブロック

By The Block – 2024/03/28 23:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
公開ブロックチェーン上でのトークン化された米国債市場が10億ドルを超える
米国債のトークン化市場、10億ドルを超える

新しい記事と類似した記事は、米国債のトークン化が運用資産で10億ドルを超えたことを報じています。Franklin TempletonのBENJIトークンとBlackRockのBUIDLトークンがこの市場で主導的な役割を果たしていることが全ての記事で言及されています。新しい記事には、BENJIの資産が3億6000万ドル、BUIDLが2億4500万ドルであるなどの数字が示されており、類似した記事でも同様の数字が報じられています。さらに、新しい記事が、これらのトークン化されたファンドに使用されている主要なパブリックブロックチェーンがEthereumであることを言及している点も、類似した記事で取り上げられています。したがって、新しい記事には、類似した記事で既に取り上げられている新しい事実や数字は提供されていないようです。

米国債の10億ドル以上が公開ブロックチェーン上でトークン化され、資産運用会社21.coによって報告されました。Franklin TempletonのBENJIトークンは資産360百万ドルでリードし、一方、BlackRockのBUIDLトークン化ファンドはわずか1週間で40百万ドルから245百万ドルに急成長しました。トークン化された政府証券市場は現在、17製品で10.7億ドルを管理し、先週20%増加しました。

Franklin Templetonのトークン化された米国政府マネーファンドは、PolygonとStellar上のBENJIトークンで表され、33.6%の市場シェアを持ち、総資産360.2百万ドルを達成しています。一方、Securitizeとの協力でEthereum上にトークン化されたBlackRockのBUIDLファンドは、わずか1週間で資産245百万ドルを管理し、市場の22.8%を占めています。BUIDLトークンは、1トークンあたり1ドルの安定価値を提供し、米ドル利回りで資格のある投資家に配当を支払うことを目指しています。

これらのトークン化されたファンドには、Ethereumが主要な公開ブロックチェーンとして使用されており、他にもStellar、Polygon、Avalanche、Gnosis、Baseなどのプラットフォームが利用されています。OndoFinanceはBUIDLの最大保有者として浮上し、総供給量の38%を所有しており、彼らのOUSGは現在、BUIDLに完全に裏付けられています。さらに、21SharesはArk Investと提携し、米国の11社のスポットビットコインETFプロバイダーの1つであり、彼らのARKB製品は約30億ドルの資産を管理し、ETFの中で4番目のランキングです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: