イーサリアムのヴィタリック・ブテリンがデンカンハードフォーク後のスケーリング戦略を論じる

By Blockworks – 2024/03/29 03:15:03 (JST)

イーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリンは、デンカンハードフォーク後、スケーリングを「ゼロからイチ」から「イチからN」への課題へと移行すると見ています。最初は、イーサリアムは限られたスケーラビリティや高い手数料などの課題に直面し、dappの採用を妨げていました。デンカン後、イーサリアムは、proto-dankshardingや「ブロブ」などの革新を活用し、効率的なデータ処理と低コストを実現することで、能力を新たな高みであるNとして向上させることに焦点を当てています。

イーサリアムのデンカンアップグレードでは、EIP-4844を導入し、「ブロブ」トランザクションやシャーデッドデータを活用して、ロールアップのコストを低減し、スケーラビリティを向上させました。ブテリンは、特にロールアップ上の各ブロブの最適化を含む、さらなるスケーリング作業の必要性を認識しています。イーサリアムは、レイヤー2中心のエコシステムへ移行し、PeerDASを通じてデータ可用性サンプリング(DAS)を実装する計画を立てており、ピアツーピアコンポーネントを活用してEIP-4844を超えたイーサリアムのデータ可用性を拡大し、ネットワークセキュリティにおいてより多くのソロステーカーを巻き込むことを目指しています。

ブテリンは、レイヤー2の改善のための4つの主要な領域を強調しています:データ圧縮、Plasmaの探索、実行制約とセキュリティの強化、およびコード信頼性の向上。彼は、イーサリアムが中央集権的なテクノロジーの包括的な代替として進化しており、より広範なエコシステムの視点で開発を進めることを求めています。焦点は、金融以外の役割を果たすイーサリアムを支援するための堅牢なインフラストラクチャの構築にあります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: