# Crypto Daily AI-Digest (’24/03/30) | Spot Bitcoin ETFs Hit Record Highs

本日の仮想通貨界では、スポットビットコインETFが4日連続の純流入を記録し、総額121.3億ドルに達したことが話題となりました。一方、Prisma Financeが大規模な攻撃を受け、仮想通貨取引所KuCoinが反マネーロンダリング法に違反したとして告発されました。また、イギリスの裁判官によって、Craig Wrightの資産が凍結され、Grayscaleが認定投資家向けに新しいステーキング投資ファンドを立ち上げました。


Headline News

**[Spot Bitcoin ETFs experience fourth consecutive day of net inflows, reaching $12.13 billion.

ビットコインETFの現物が4日連続の純流入を経験し、121.3億ドルに達する。](https://crypto-ai-digest.com/2024/03/29/1711700034992/)**
米国の現物ビットコインETFは、3月28日に4日連続の純流入を記録し、総額1億8300万ドルとなり、累計121.3億ドルに達しました。特筆すべきは、BlackRockのiShares Bitcoin ETFが最大の純流入額で9500万ドルを記録したことです。一方、Grayscale Bitcoin Trustは約1億5000万ドルの流出を経験しました。現物ビットコインETF全体では、50万BTC以上を保有し、流通供給量の2.54%を占めています。BlackRockのiShares Bitcoin ETPの取引高は18億ドルを超え、ビットコイン関連製品への強い投資家の関心を示しています。

Prisma Financeが大規模な攻撃を受け、攻撃者が資金をTornado Cashに移動しました。

Prisma Financeは1100万6000ドル以上の被害を受け、ハッカーが650万ドル以上をTornado Cashに移動しました。この攻撃により、Prisma Protocolは残りの資金を保護するために一時停止しました。Prismaは自社のmkUSDステーブルコインの安全性を保証しました。ハッキングの事後検証と資産回収の計画が発表されました。DeFi業界はセキュリティの課題に直面しており、第1四半期にはハッキングで3億3600万ドルが失われました。ハッカーはホワイトハットレスキューを主張し、740 ETHをTornado Cashに移動しました。Prisma Financeチームは、資金の返還に関してハッカーと連絡を取っています。

**[Crypto Exchange KuCoin was charged by the U.S. for violating anti-money laundering laws.

仮想通貨取引所KuCoinが米国によって反マネーロンダリング法違反で告発される。](https://crypto-ai-digest.com/2024/03/29/1711692754738/)**
米連邦検察当局は、反マネーロンダリング法に違反したとしてKuCoinを告発し、同取引所が米国内で適切な登録やAMLプログラムを持たずに運営していたと主張しています。KuCoinは、制裁を受けた暗号ミキサーから3,200万ドル以上を受け取るなど、マネーロンダリング活動を助長したとして非難されています。また、CFTCは、KuCoinが先物取引委員会として登録せず、KYCプログラムを欠いているとして訴えました。国土安全保障捜査局は、KuCoinを数十億ドル規模の犯罪陰謀と位置付け、暗号市場への影響を強調しました。米国検察官のDamien Williams氏は、KuCoinが数十億ドル相当の疑わしい資金を流通させることを許可したと述べました。KuCoinのKCSトークンは5%下落し、Bitcoinの価格は70,000ドル前後で変動しました。

UKの裁判官が、Craig Wrightの資産を凍結し、裁判費用の逃れを防止した。

英国の裁判官は、ビットコインの創設者であると主張するクレイグ・ライトが裁判費用を逃れるのを防ぐため、ライトの資産の600万ポンド(760万ドル)を凍結しました。ライトの資産は、彼が中本聡であるという主張に対する裁判での敗訴後、イギリスから資産を移動しようとしたことを受けて凍結されました。凍結命令は、Crypto Open Patent Allianceの裁判費用をカバーするために与えられました。オーストラリアのコンピュータ科学者であるライトは、中本聡であるという主張を利用して、ビットコインに関連する著作権を主張していました。COPAは、2021年4月にライトを訴え、彼の中本聡であるという主張やビットコインに対する著作権を問いました。

Grayscaleが認定投資家向けの新しいProof-of-Stake投資ファンドを立ち上げました。

Grayscaleは、高純資産価値を持つ個人向けに設計された新しい投資商品であるGrayscale Dynamic Income Fund(GDIF)を発表しました。GDIFは、プルーフ・オブ・ステーク・トークンに焦点を当て、さまざまなデジタル資産からのステーキング報酬を管理することで収入を最大化することを目指しています。これはGrayscaleの初の積極的に管理されるファンドとなります。証券法の対象外であるGDIFは、認定投資家にとってユニークな投資機会を提供しています。スポットビットコインETFからの成功した実績を持つGrayscaleは、仮想通貨投資分野での革新を続けています。


Pickup News

CFTC委員ファム、KuCoinに対する訴訟を批判し、管轄権に関する懸念を提起

CFTC委員ファムがKuCoin訴訟を批判し、SECの権限侵害を懸念。暗号通貨規制の複雑さが浮き彫りに。投資家保護の重要性強調。 #CFTC #SEC #暗号通貨

バイナンス幹部がナイジェリアに対して権利侵害で訴訟を提起

バイナンス幹部がナイジェリアで権利侵害訴訟を提起。拘束、脱税疑惑、法的闘いが続く中、暗号取引所の法的課題が浮き彫りに。

サム・バンクマン=フリードの判決が暗号コミュニティで論争を引き起こす

サム・バンクマン=フリードの判決が暗号コミュニティで論争を巻き起こす。25年の刑を言い渡されたものの、その適切さに賛否両論。更生の可能性や業界への影響も議論されています。

ブラックロックCEOラリー・フィンク、規制の不確実性にもかかわらずEther ETFの可能性に楽観的

ブラックロックCEO、イーサリアムETFに楽観的。SECの決定待つ中、フィンク氏の自信は際立つ。規制不確実性にも関わらず、仮想通貨市場への前向き姿勢が反映。 #ブラックロック #仮想通貨

Call of Dutyゲームチーターを標的にしたハッカー、Bitcoin保有額を盗む

Call of Dutyゲームチーターを標的にしたハッカーがBitcoinを盗む情報窃取マルウェアを解き放つ。多くのプレイヤーに影響を与え、360万以上のBattlenetアカウントなどが侵害された。ゲーマーのリスクとデータ保護の重要性が浮き彫りに。

Share on: