人種差別的なミームコインへの対応:Solanaのアプローチとコンテンツモデレーションの議論

By CoinDesk – 2024/03/30 07:40:09 (JST)

人種差別的なミームコインの問題に取り組むSolanaは、攻撃的な名前を持つトークンが急増していることに対処しています。ソウルで開催されたBUIDL Asiaサミットでの議論は、ウォレットアプリや分散型取引所がこのようなトークンをフィルタリングすべきか、それともノードが介入して停止すべきかに焦点を当てました。Solanaの戦略責任者であるAustin Federaは、ウォレット開発者がブロックリストを導入する選択肢の重要性を強調し、許可されたコアネットワークを維持すると述べました。

一方、Marc Zellerは、欧州連合におけるコンテンツフィルタリングの法的義務を強調し、検閲の必要性との類似性を指摘しました。しかし、ブロックチェーンコミュニティは一般的に、検閲耐性を重視し、問題のあるコンテンツを削除するよりも、言論の自由を支持しています。Federaは、バリデーターやノードが既に特定のコンテンツを検閲する法的義務を負っていることを指摘し、米国外国資産管理局(OFAC)などの規制機関が暗号取引に制裁を科している例を挙げました。

人種差別的なミームコインが注目されているにもかかわらず、Federaはそれらが全体の暗号市場に占める割合は極めて小さいと述べました。彼は、小さな憎悪グループが不釣り合いなメディア報道を受ける状況に例え、この問題について適切な視点を維持する必要性を強調しました。この議論は、暗号空間におけるコンテンツモデレーションへの異なるアプローチと、検閲耐性や言論の自由原則に対する広範な影響を浮き彫りにしました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: