ビットコインのハーフィングがBTCの消費者採用を加速する

By CoinDesk – 2024/03/30 22:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインマイナーが戦略的な動きでハーフィングイベントに備える

新しい記事では、今後のビットコインのハーフィングイベントとその消費者がビットコインを採用する可能性について、特にライトニングネットワークのような低コストの取引プロセッサを通じて、議論されています。また、財政的に排除された個人に対するビットコインの採用の潜在的な利点を強調しています。一方、同様の記事は、ハーフィングイベントに向けたビットコインマイニング企業の準備に焦点を当て、拡大、コスト削減、多様化の戦略を含む取り組みについて述べています。両方の記事はビットコインのハーフィングイベントについて議論していますが、異なる視点からアプローチし、異なる情報を提供しています。新しい記事は、ハーフィングイベントがビットコインの消費者採用に与える潜在的な影響について新しい洞察を提供しており、同様の記事では取り上げられていない内容です。

ビットコインのハーフィングイベントは、新しいビットコインの発行を21百万枚に達するまで規制するために設計された仮想通貨システムの重要な側面であり、ブロック報酬を半分に減らす予定です。このブロック報酬の削減は、伝統的な法定通貨に比べてビットコインの供給が限られていることを示し、ビットコインの希少性をデジタルゴールドにたとえるものであり、固定供給と需要の増加が長期的な価値を押し上げる要因となります。

ハーフィングに対応して、ライトニングネットワークなどの低コストの取引プロセッサへのシフトが予想されており、これにより、より効率的で費用対効果の高いビットコイン取引方法を求める人々が増え、消費者の採用が増加する可能性があります。大口取引には引き続きオンチェーン取引が使用される一方で、ライトニングなどの第2層ネットワークの台頭は、ビットコインの広く受け入れられるにつれてネットワーク手数料の着実な増加に寄与するでしょう。

ライトニングネットワークなどの進歩によって促進されるビットコインの広範な採用は、世界中で伝統的な銀行サービスへのアクセスがない経済的に疎外された個人に利益をもたらす可能性があります。世界中で10億人以上の成人がスマートフォンを所有しているが銀行口座を持っていない状況で、ビットコインは速度、信頼性、手頃な価格、利用可能性を提供すれば、日常の支出や個人の貯蓄のための有効な解決策となります。第2層ネットワークの利用を促進することで、ハーフィングイベントは、より幅広い消費者層がグローバル金融システムに参加しようとする際に、ビットコインをより使いやすく魅力的にすることを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: