Web3セクター、2024年第1四半期にセキュリティインシデントによる損失は7億7800万ドルに達する

By PANews – 2024/04/01 12:24:17 (JST)

2024年第1四半期、Web3セクターはハッカー攻撃、フィッシング詐欺、Rug Pull事件により、総額7億7800万ドルの損失に直面しました。39件の主要攻撃で6億1700万ドル、43件のRug Pullで7550万ドル、フィッシング詐欺で8624万ドルの損失が発生。2024年第1四半期の損失は前年比で126%増、四半期比で72%増となり、ハッカー攻撃は2023年のどの四半期よりも4220万ドルでピークを迎えました。

Web3ゲームプラットフォームが初めて最も影響を受けたプロジェクトタイプとなり、6件の攻撃で3億6500万ドルの損失を被り、全攻撃損失の59%を占めました。イーサリアムは最も損失が大きく、18件の攻撃で3億4200万ドルの損失を被り、総損失の55.4%を占めました。プライベートキーの漏洩は重大な問題で、13件のインシデントで4億5800万ドルの損失が発生し、総攻撃損失の74.3%を占めました。Beosin KYTアンチマネーロンダリング分析プラットフォームによると、約3億3000万ドル(49.2%)の盗まれた資産が凍結され、7945万ドル(12.9%)が回収されました。

攻撃されたプロジェクトチームの監査増加は、Web3セクター内でのセキュリティ対策への意識の高まりを示しています。これらの展開は、デジタル資産や分散型プラットフォームの進化する環境で資産を保護するための警戒と積極的な措置の重要性を浮き彫りにし、悪意ある行為者が脆弱性を悪用して金銭的利益を得ようとする中で、セクターは持続的な脅威に直面しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: