Crypto.comが韓国でデジタル資産取引サービスを開始、現地取引所OK-BITを買収

By The Block – 2024/04/02 13:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Crypto.com、4月29日に韓国でアプリをローンチ

この記事と類似した記事を比較すると、いくつかの重要な点が考慮されるべきです。両方の記事は、Crypto.comが韓国でデジタル資産取引サービスを開始する計画について取り上げており、現地取引所であるOK-BITを置き換えると述べています。両方の記事はまた、同社が現地の規制に準拠し、小売ユーザーを対象とすることを目指していることに触れています。しかし、新しい記事には類似した記事には見当たらない追加情報が提供されています。それは、Crypto.comが法定通貨から暗号通貨への取引サービスのための現地銀行との提携を確保する未来の計画について述べており、また、バイナンスが韓国市場に参入し、直面している規制上の課題にも言及しています。さらに、新しい記事は韓国の仮想通貨市場の広い文脈を提供し、その規模や活動水準を強調しています。したがって、全体的なトピックや一部の詳細には類似点があるものの、新しい記事には類似した記事とは異なる新しい事実や分析が含まれているため、独自性があります。

Crypto.comは今月末までに韓国でデジタル資産取引サービスを開始する予定です。このプラットフォームは、2022年にCrypto.comが買収した現地取引所OK-BITの代わりとなります。同社の社長兼COOであるEric Anzianiは、韓国市場への参入に興奮を表明し、同国の仮想通貨への強い関心を強調しました。新しいプラットフォームであるCrypto.com Appは、小売ユーザーを対象とし、仮想通貨取引所に対する地元当局の厳しい規制に準拠します。

韓国では、仮想通貨取引所は法定通貨から仮想通貨への取引サービスを提供するために銀行とのパートナーシップを結ぶことが義務付けられており、マネーロンダリングや市場操作のリスクを軽減することを目的としています。Crypto.comの初期サービスは仮想通貨間取引に焦点を当てていますが、将来的には地元銀行とのパートナーシップを確保し、完全な取引体験を提供することを目指しています。一方、Binanceも韓国市場に進出し、地元取引所Gopaxの過半数の株式を取得しました。ただし、規制上の懸念から構造変更の承認が遅れており、BinanceはGopaxの株式を減らすことでコンプライアンスの問題に対処しています。

韓国は世界でも最大かつ最も活発な仮想通貨市場の1つを誇り、5つの完全ライセンス取引所が大規模な取引量を処理しています。規制上の課題にもかかわらず、韓国の仮想通貨取引量は時折、株式市場を上回ることがあり、韓国の投資家の間での仮想通貨への強い関心と参加を反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: