Coinbaseの分析:第2四半期の暗号市場の展望

By CoinDesk – 2024/04/02 17:40:06 (JST)

Coinbaseが暗号市場について第2四半期にポジティブな展望を示し、以前の課題が薄れつつある。4月16日から20日に予定されているビットコインの報酬半減は、ビットコイン供給の成長率を低下させる重要なイベントとして強調されている。需要面では、Morgan StanleyやBank of Americaなどのワイヤーハウスが金融商品のデューデリジェンスを実施しており、4月10日までに結論付けられる可能性があり、スポットビットコインETFに好影響をもたらすかもしれない。

暗号空間への機関投資家の関心は高く、CMEビットコイン先物のレバレッジされたショートポジションが過去最高に達している。さらに、オンチェーンデリバティブにロックされた総額は34億ドルに達し、ポジティブな成長を示している。分散型ファイナンスのTVLは以前の高値を下回っているものの、市場には楽観的な兆しがある。ソフトウェア開発企業であるMicroStrategyの株を空売りする投資家が、最近の市場の変動に影響を与えている可能性がある。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: