GoldenTree Asset Managementがデジタル資産ユニットGoldenChainをRepublicに売却、元パートナーがRepublic Digitalを率いる

By The Block – 2024/04/02 22:30:09 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
GoldenTree Asset Managementが暗号通貨子会社GoldenChainをRep

GoldenTree Asset Managementのデジタル資産部門であるGoldenChainの売却について、新しい記事と類似した記事の両方が報じています。両方の記事は、元GoldenTreeのパートナーであるJoe Naggarが新たに設立された企業、Republic Digitalを率いることになると報じています。また、両方の記事は、GoldenChainの従業員6名がRepublicに加わる見込みであり、GoldenTreeの元デジタル資産取引責任者であるAvi Felmanが退職したことも報じています。取引条件についてはどちらの記事でも開示されていません。新しい記事は、GoldenTreeがGoldenChainを売却する決定に至った背景について追加の文脈を提供しており、暗号ファンドがクレジットおよびディストレスト市場に焦点を当てた資産運用会社との不整合があるとして、暗号業界における規制上の懸念や評判上の問題が理由であると述べています。ただし、この情報は新しい事実ではなく、むしろ類似した記事で既に報告されていた決定に関する追加の背景情報を提供しています。したがって、新しい記事には、類似した記事に含まれていない新しい事実や新しい分析が含まれているようには見えません。

GoldenTree Asset Managementは、デジタル資産ユニットであるGoldenChainを投資ファームであるRepublicに売却し、元パートナーであるJoe Naggarが新たに設立された組織Republic Digitalを率いることになりました。この買収は、両社の専門知識を活用してデジタル資産分野での機会を探求し、Republicの市場ポジションを強化することを目的としています。Naggarは、幅広い投資経験を持ち、GoldenTreeを離れた後、Republic DigitalのCEO兼CIOとして活躍する予定です。

GoldenTreeは2023年9月に、クレジットおよびディストレスト市場に焦点を当てた資産運用会社としては、暗号資産ファンドが暗号業界の規制および評判上の懸念との不整合性があるとして、GoldenChainを売却する決定を下しました。売却にもかかわらず、GoldenTreeはGoldenChainの投資家として残り、現在はRepublic Digitalの下で運営されています。この移行は、GoldenTreeの創業者であるSteve Tananbaumによれば、デジタル資産ビジネスを成長させるための戦略的な位置づけと見なされています。

買収後、さらに6人のGoldenChain従業員がRepublicに参加する見通しであり、GoldenTreeの元デジタル資産取引責任者であるAvi Felmanは退社しました。取引条件は関係者間の機密保持契約により非公開となっています。この動きは、GoldenTreeが暗号セクターからの戦略的な転換を示し、クレジットおよびディストレスト市場に焦点を当てる一方、Republicは両社の組合せた強みを活用してデジタル資産の機会を追求することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: