3月、スポットビットコインETFの取引高が3倍に増加し、1110億ドルに達する

By The Block – 2024/04/03 00:00:13 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
スポットビットコインETF、累計約121.3億ドルに到達
Spot Bitcoin ETFsの日次流出に戻る;GrayscaleのGBTC総流出が150億ドル

新しい記事では、3月にスポットビットコインETFの取引高が著しく増加し、1110億ドルに達し、前月の合計額のほぼ3倍になりました。また、Grayscale、BlackRock、Fidelityの市場支配力に言及し、それぞれの資産運用額に具体的な数字が示されています。記事では、これらのETFが経験した純流出も強調されており、特にGrayscaleのGBTCファンドに焦点が当てられています。同様の記事と比較すると、これらのETFの流入と流出についても具体的な数字が示され、同じ企業が言及されています。しかし、新しい記事では、同様の記事にはない3月の最新の数字が提供されています。したがって、全体的な内容やテーマは似ていますが、新しい記事は3月の新しいデータを提供しており、同様の記事とは異なる点があります。

3月、スポットビットコインETFの取引高は著しい急増を見せ、420億ドルからほぼ3倍の1110億ドルに達しました。この増加は、これら新しい暗号通貨ベースの金融商品への関心の高まりを反映しており、Grayscale、BlackRock、およびFidelityが市場をリードしています。GrayscaleのGBTCファンドは、ETFとして取引を開始してからビットコインで46%減少し、一方、BlackRockとFidelityのETFはそれぞれ約180億ドルと100億ドルの資産を運用しています。

BlackRockとFidelityの製品が流入面で成功を収めたにもかかわらず、最近の取引セッションではスポットビットコインETFが純流出となり、Grayscaleのファンドも大幅な金額を失いました。3月の取引高は、これらのETFにとって画期的なものであり、BloombergのシニアETFアナリストが総取引高の増加の重要性を強調しました。市場は引き続きこれらの暗号通貨ベースの金融商品に関心を示しており、今後の取引量に不確定要素が漂っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: