TRON財団とジャスティン・サン、SECの訴訟をニューヨークの裁判所に却下を求め

By CoinDesk – 2024/04/03 05:00:06 (JST)

TRON財団とジャスティン・サンは、米国証券取引委員会(SEC)がニューヨークの裁判所に提訴した訴訟の却下を求めました。彼らは、SECが主に外国活動に米国証券法を適用しようとして司法権を乱用していると主張し、規制当局は世界的な権限を持っていないと述べています。

2023年3月に提起されたこの訴訟は、サン氏とその関連企業が未登録の証券を販売し、詐欺、市場操作を行ったとして告発しています。被告は、裁判所が彼らに司法権を持っていたとしても、SECからの告発に関する公正な通知の欠如など、さまざまな理由で主張が根拠を欠いていると主張しています。

この訴訟に関与するカリフォルニア州に登録されたRainberryは、裁判所の管轄権に異議を唱えず、SECからの公正な通知の欠如や主要な問題条項の下での行動の早まりなどを理由に却下を求めました。被告は、SECが明確な議会の承認なしにグローバルデジタル資産市場に規制権限を拡大しようとする試みは前例のないものであり、却下が正当化されると主張しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: