ビットコインのライトニングネットワーク、開発者の懸念が高まる

By CoinDesk – 2024/04/03 05:30:06 (JST)

ビットコインのライトニングネットワークは、かつてビットコインのスケーラビリティの問題の解決策として称賛されていましたが、開発者が離れ、バグが残り、流動性が低下しているという懸念が広がっています。プライバシーの問題や高いコスト、資金受け取りの制限など、ネットワークの欠陥について懸念が示されています。ライトニングに対する感情が変化しており、著名人がその複雑さや脆弱性を批判し、スケーラビリティや全体的な効果に疑念が生じています。

批評家は、ライトニングにはさまざまな課題があり、世界人口を収容するスケーラビリティ、チャネルリスク、支払いの失敗、ネットワーク上のビットコインの少なさなどを指摘しています。ライトニング上の総BTCが減少しているにもかかわらず、ドル価値は倍増しており、ユーザーからは賛否両論の反応が示されています。データによると、ノード数や接続数が減少している一方で、総取引回数が増加しており、ライトニングのパフォーマンスを評価する複雑さが増しています。

ライトニングの成長が停滞している一方で、一部はその制限を認め、他の人は過大評価されていると批判しており、一般の認識は分かれています。共同創設者のJoseph PoonとTadge Dryjaは、ライトニングがすべてのスケーラビリティニーズを解決するわけではないと警告し、その実験的な性質を強調していました。批判や課題が続く中、建設的なフィードバックはネットワークの改善に不可欠であり、暗号空間における批判的評価と継続的な開発の重要性を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: