シンガポール中央銀行、暗号通貨保管サービスとクロスボーダー送金を規制対象に拡大

By CoinDesk – 2024/04/03 06:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
シンガポール、暗号通貨規制を強化、ユーザー保護要件を導入 | ザ・ブロック - 要約

この記事と類似した記事の両方が、シンガポール通貨当局が発表した新しい規制について取り上げており、これにより仮想通貨の保管サービスや国境を越える送金も監督対象となります。支払いサービス法の改正内容や仮想通貨関連活動に従事する事業体の要件、非遵守の結果についても、この記事と類似した記事の両方で言及されています。さらに、両方の情報源は、これらの変更の目的を強調しており、それは仮想通貨セクター内の監督と説明責任を強化し、利用者の利益を保護し、マネーロンダリング防止措置への遵守を確保することです。したがって、この記事には、類似した記事で既に取り上げられている新しい事実や数字は含まれていません。

シンガポール中央銀行は、暗号通貨の保管サービスやクロスボーダー送金を監督対象に含める新たな規制を発表しました。支払いサービス法の改正は、デジタル支払いトークンサービスプロバイダーに対し、規制の明確化とユーザー保護、金融安定性要件の導入を目的としています。これらの変更は、2024年4月4日から有効となり、顧客資産の分離、適切な記録の維持、効果的なシステムとコントロールの実施を義務付けています。

この法律により、暗号関連の活動を行う事業体は、30日以内に移行プロセスを開始し、一時的に活動を継続するために6か月以内にライセンス申請を提出する必要があります。申請プロセスには、反マネーロンダリングおよびテロ資金供与防止要件への遵守に関する証明報告書の提出が含まれ、外部監査人による検証が9か月以内に行われます。これらの規制に違反した場合、MASの声明により、すべての活動を停止する必要があります。

新しい規則は、暗号通貨セクター内の監督と説明責任を強化し、規制の明確化とユーザーの利益保護の必要性に対応しています。サービスプロバイダーに厳格な要件を課すことで、シンガポールは暗号取引の安全で安定した環境を促進し、投機を抑制し、反マネーロンダリング対策の遵守を確保することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: